Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C485] 私もなかなかやめられてないですねえ。

就職活動たいへんそうですね。
履歴書の書き方などは、今ならマザーズ
ハローワークとかもあるので、近くの職安に
あれば、一度いかれてみては。

しかし、プロセスに関する依存は、本当にしぶとい
ものですね。私も、ギャンブルはやめているものの、
ちょくちょくいろんなものを買ってきています。
(生活に支障のきたさない範囲ですが)。
やはり、ギャンブルをやめているだけではどうにも
前には進んでいかないのかなあと思います。
機会があったら今度読んで見ます。
それでは。
  • 2009-07-13
  • 投稿者 : aptw
  • URL
  • 編集

[C486]

はじめまして。その本よさそうですね。私はギャンブルやめて8ヵ月なります。それまではいろんな本読みました。外国の人がかいた、依存症の真実という本も考えさせられました。その本も探してみます。実は息子もギャンブル依存症ですが、私がギャンブルやめれたのも、息子のいろんな問題にこわくなったことがあります。お金の援助や尻拭い(共依存の私は以前はせっせとやってました。)だけはやらないようにしてますが、相手の方が上手ですね、たらたら文句いいながらついわたしては後悔してます。自分もセラピー受けようと思ってます。息子は離婚しました。離婚できる嫁はうらやましいと思ったりします。息子はギャンブルで苦労かけた自覚はあるのか、まともになった自分をみせたかったといってました。いろんな問題起こしても、なぜ真剣にやめようとおもえないのか不思議です。とりとめもない話ですいません
  • 2009-07-13
  • 投稿者 : さと
  • URL
  • 編集

[C487] おはようございます

就職活動は、一件しか応募していないので、
大変って言う感じではないけれど、
応募したのが大手メーカーだったので、
致し方なし、ですね。笑

この間、病院の先生が講演されるということで、
話を聴きに行きました。

やっぱり、やめつづけるためには
「棚卸し」作業が必要になると言ってました。
こういう嫌なことがあったということを
書き出してみて、それを感じた感情は何かを探る。
怒り、嫉妬、不安・・・とか、そういうマイナスの感情が
ギャンブルの原因になっていたけど、GAや医療機関につながって
やめ続けている人にとっては、そういう感情を思い出すことによって
やめる力になる、というお話しでした。

GAのステップを、いつも読む、というのも効果的なのでしょうね。

残念ながら夫はGAにもつながっていない否認状態なので
こういうことが実践してもらえませんが・・・
長い人生を考えると、GAなどにつながって、
最期に「いい人生だった」と言えるといいなぁと
思いますが、こればっかりは本人がどう思うか、ですからね。

私や子供が去っていっても、
ギャンブルをし続けて「いい人生だった、楽しい人生だった」と
思うのなら、私とは考えがちがう、というだけですからね。

この本は、なかなかいい本です。
図書館で、借りてみてくださいね!

では。

[C488] はじめまして

さとさん☆
コメントありがとうございます!
私は、アマゾンの古本価格で100円くらいでかいましたよ!
もしも、図書館の所蔵があるのなら、まず図書館で借りて
よんでみてください。私はそれで、手元に置いておきたいと思いまして、
購入に至りました~☆

さとさんも、息子さんもGAには行かれましたか?
さとさん自身は、依存症までいってたのでしょうか?
私もたまにパチンコはしていましたよ。
でも、依存症にはならなかったと思います。(定かではありませんが)
夫につき合って、毎週のようにイヤイヤいっていたので
端から見ると依存症だと言われていたかも知れないですけどね。
で、私はギャマノン(ギャンブル依存症の家族のための会)につながって
どっぷり「共依存」だったと悟りました。

セラピーは、ギャンブル依存症専門のところがありますか?
なければ、アルコール依存を扱っているところがまだ近いかな、と
聞いたことがあります。でも、たいていの場合はGAをすすめられて
それを継続して行くことに意味があるといわれると思います。

まずは、病院に行って、GA等にいってみてください。
色々な問題を起こしても、やめようという気になれない・・・
やめようという気持ちはあるけれど、
やめることができないのが依存症です。

ギャンブルで負ける

借金が増える

滞納などの問題が生じる

気持ちがくさくさする

憂さ晴らしにギャンブルをする

また負ける。




この繰り返しで、その負債額がドンドン増えていくという
悪循環がおこるのです。
そして、精神面では、その負債額もマヒしていき、
1万負けたことにショックを受けていたのが
3万負けても
5万負けても・・・
平気になっていきます。

感覚がマヒするというよりも、
そのスリルに、脳が慣れてしまい、
さらなるスリルを求めてしまうということらしいです。

プロセスの依存症は、こうやって
「報酬回路」ができてしまうので、
一生回復し続ける、という表現になるのですね。

家族は本当に大変ですよね。
最初の一歩、ふみだせそうだということで、
さとさんも、息子さんも、回復し続けられるといいですね。
そのためには、離婚されたお嫁さんにも
お願いすることもあるかもしれないですよね。
もしかして、お金の無心にきても、
絶対にお金渡さないように、ということ、伝えてもいいかもしれませんね。

私もなんだかとりとめなくなってしまいました!汗

がんばりましょうね。

[C489] あ!

No.487のコメントは
aptwさんにあてて書きました!! 汗 笑

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

どうしても「あれ」がやめられないあなたへ

お久しぶりです。
気持ちが凹んでいて記事が書けなかったのではありません。

私も色々と前向きに生きて行かなくては!と
本当に思えてからは、就職活動をしてみたんですが
履歴書段階で撃沈して(笑)
こののほほんとしている時期に、取りたい資格を
取ってしまおう!とバタバタしていたっという訳でした。

で、先日図書館でたまたま出会った本。
とても参考になる本なので、紹介したいと思います。





どうしても「あれ」がやめられないあなたへ
  ーーー衝動制御障害という病

これは、米国のミネソタ大学の医学博士が書いた本です。
「衝動抑制障害」と、かかれていますが、
日本では「依存症(アディクション)」とよばれています。
とも書かれてありました。

私が以前に受けた医学セミナーで教えてもらったようなことが
もっと症例を交えて書いてある感じです。

この「衝動制御障害」という言い方に、
すごく納得しました。
「依存症」「アディクション」「嗜癖」などでは
いまいち深刻めいた表現ではないけれど、
「衝動」の「制御」ができなくなる「障害」という表現は
とても端的だなと。。。


この本の中には、行動制御障害のうち、
4つの障害について詳しく書かれています。

・ギャンブル依存症
・強迫的性衝動
・窃盗癖
・買い物依存症

これらは、すべてある種の「報酬」
(買うか盗むか勝ち取るかした品物や性交体験)を求める
衝動が引き起こすものであること。
つまり「プロセス」の依存症とよばれるものです。

読んでいくと、米国では、投薬で
これらの病気に有効な治療があると言うことです。
日本では、まだ病気と認められていないから
投薬治療ということは
「うつ」とかで片づけた時になされるのかも
しれないですけど・・・

やはり、感じたのはこの本に載っている
症例の人々は、「自分が困っているからなんとかしたい」と
思っているからこそ、効果があるということでした。

夫は、自分が困っていない。
だから、病気だと言われると
ぶすっとしたり、またそれか!と
怒ったりするのでしょう。

本当に、この病気とつきあうとなったら
並大抵の忍耐力がないとダメでしょうね。
とにかく2~3ヶ月ではなんにも変わらないという
覚悟がないとだめなんだなぁと、再確認しました。

2~3年で、やっと気持ちに変化が現れるのかもしれない。

この本にもありましたが、
「問題行為をやめる」
だけでは、問題の解決(病気の完治)にならないということ。

そしてやめつづけるためには、
家族という支えが大きな力になる、とも。


巻末に、日本における現実と
家族の対処方法が、さらりと書いてあります。
その部分は、やっぱり頷けるものがあります。

私も、そうだけど、
「支える」ときめたけど
やっぱり本人の行為に対して
「怒り」や「恨み」など、相反する感情に
支配されてしまうこともあります。

けど、やっぱりそれをはたと思い直し、
正しい対応ですごさなければいけないんですよね。

ギャンブル依存症の人をもつ家族。
家族としてできることはなにか?ということで
迷っている人がいるなら、読んでみて損はない一冊だと思います。

特に、#10の「家族、友人、そして衝動制御障害」という最後の章。
ギャマノンやGAでいわれていることかもしれないけど
自助グループとは違う「医学」の目で書かれる言葉も
すごく参考になると思います。



是非!






よかったら、クリックにご協力くださいね。
FC2 Blog Ranking
別居・依存症 Ranking

☆迷惑コメント対策で禁止ワードを設定しています。
 どうしてもコメントが書けない!という方は、
 URLを書いてくださっていますか?その場合、
 最後のスラッシュをとってみてください。
スポンサーサイト

5件のコメント

[C485] 私もなかなかやめられてないですねえ。

就職活動たいへんそうですね。
履歴書の書き方などは、今ならマザーズ
ハローワークとかもあるので、近くの職安に
あれば、一度いかれてみては。

しかし、プロセスに関する依存は、本当にしぶとい
ものですね。私も、ギャンブルはやめているものの、
ちょくちょくいろんなものを買ってきています。
(生活に支障のきたさない範囲ですが)。
やはり、ギャンブルをやめているだけではどうにも
前には進んでいかないのかなあと思います。
機会があったら今度読んで見ます。
それでは。
  • 2009-07-13
  • 投稿者 : aptw
  • URL
  • 編集

[C486]

はじめまして。その本よさそうですね。私はギャンブルやめて8ヵ月なります。それまではいろんな本読みました。外国の人がかいた、依存症の真実という本も考えさせられました。その本も探してみます。実は息子もギャンブル依存症ですが、私がギャンブルやめれたのも、息子のいろんな問題にこわくなったことがあります。お金の援助や尻拭い(共依存の私は以前はせっせとやってました。)だけはやらないようにしてますが、相手の方が上手ですね、たらたら文句いいながらついわたしては後悔してます。自分もセラピー受けようと思ってます。息子は離婚しました。離婚できる嫁はうらやましいと思ったりします。息子はギャンブルで苦労かけた自覚はあるのか、まともになった自分をみせたかったといってました。いろんな問題起こしても、なぜ真剣にやめようとおもえないのか不思議です。とりとめもない話ですいません
  • 2009-07-13
  • 投稿者 : さと
  • URL
  • 編集

[C487] おはようございます

就職活動は、一件しか応募していないので、
大変って言う感じではないけれど、
応募したのが大手メーカーだったので、
致し方なし、ですね。笑

この間、病院の先生が講演されるということで、
話を聴きに行きました。

やっぱり、やめつづけるためには
「棚卸し」作業が必要になると言ってました。
こういう嫌なことがあったということを
書き出してみて、それを感じた感情は何かを探る。
怒り、嫉妬、不安・・・とか、そういうマイナスの感情が
ギャンブルの原因になっていたけど、GAや医療機関につながって
やめ続けている人にとっては、そういう感情を思い出すことによって
やめる力になる、というお話しでした。

GAのステップを、いつも読む、というのも効果的なのでしょうね。

残念ながら夫はGAにもつながっていない否認状態なので
こういうことが実践してもらえませんが・・・
長い人生を考えると、GAなどにつながって、
最期に「いい人生だった」と言えるといいなぁと
思いますが、こればっかりは本人がどう思うか、ですからね。

私や子供が去っていっても、
ギャンブルをし続けて「いい人生だった、楽しい人生だった」と
思うのなら、私とは考えがちがう、というだけですからね。

この本は、なかなかいい本です。
図書館で、借りてみてくださいね!

では。

[C488] はじめまして

さとさん☆
コメントありがとうございます!
私は、アマゾンの古本価格で100円くらいでかいましたよ!
もしも、図書館の所蔵があるのなら、まず図書館で借りて
よんでみてください。私はそれで、手元に置いておきたいと思いまして、
購入に至りました~☆

さとさんも、息子さんもGAには行かれましたか?
さとさん自身は、依存症までいってたのでしょうか?
私もたまにパチンコはしていましたよ。
でも、依存症にはならなかったと思います。(定かではありませんが)
夫につき合って、毎週のようにイヤイヤいっていたので
端から見ると依存症だと言われていたかも知れないですけどね。
で、私はギャマノン(ギャンブル依存症の家族のための会)につながって
どっぷり「共依存」だったと悟りました。

セラピーは、ギャンブル依存症専門のところがありますか?
なければ、アルコール依存を扱っているところがまだ近いかな、と
聞いたことがあります。でも、たいていの場合はGAをすすめられて
それを継続して行くことに意味があるといわれると思います。

まずは、病院に行って、GA等にいってみてください。
色々な問題を起こしても、やめようという気になれない・・・
やめようという気持ちはあるけれど、
やめることができないのが依存症です。

ギャンブルで負ける

借金が増える

滞納などの問題が生じる

気持ちがくさくさする

憂さ晴らしにギャンブルをする

また負ける。




この繰り返しで、その負債額がドンドン増えていくという
悪循環がおこるのです。
そして、精神面では、その負債額もマヒしていき、
1万負けたことにショックを受けていたのが
3万負けても
5万負けても・・・
平気になっていきます。

感覚がマヒするというよりも、
そのスリルに、脳が慣れてしまい、
さらなるスリルを求めてしまうということらしいです。

プロセスの依存症は、こうやって
「報酬回路」ができてしまうので、
一生回復し続ける、という表現になるのですね。

家族は本当に大変ですよね。
最初の一歩、ふみだせそうだということで、
さとさんも、息子さんも、回復し続けられるといいですね。
そのためには、離婚されたお嫁さんにも
お願いすることもあるかもしれないですよね。
もしかして、お金の無心にきても、
絶対にお金渡さないように、ということ、伝えてもいいかもしれませんね。

私もなんだかとりとめなくなってしまいました!汗

がんばりましょうね。

[C489] あ!

No.487のコメントは
aptwさんにあてて書きました!! 汗 笑

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Extra

訪問ありがとう

あなたは・・・
人目のお客様です☆

私ってこんな人

n

Author:n
書き始めた頃30代後半でした。
現在40代前半になっています。
娘一人。
夫と5ヶ月の別居を経て現在同居中。
夫と出会い、結婚してから
ギャンブルに「はまる」とは
どういう事かが解りました☆
 

最近の記録

あんな事言ってたっけ?

最近のトラックバック

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

友達になってください

この人とブロともになる

お友達です♪

A's room
  by "A"
キボウノヒカリ
  by "hikaripika"
笑顔に向かって・・・
  by "のん"
スロット依存症からの離脱 2013年230万返済へ ~ slots addiction ~
  by "aptw"
30代ママの自分磨き
  by "kagami"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。