Entries

別居解消への道 23

おおぉ~~・・・忙しです。

しかも、少し風邪を引きました。
熱は出ません。
知り合いに、「私はオッサンなので熱が出ない」って
言われました。。。

私は・・・オッサンですか? 笑


前回の記事に、コメントをたくさん
ありがとうございました。
励まされ、勇気づけられ。
そして、また、自分らしさを取り戻し、
前に進んで行けそうです。
本当にありがとうございました!





さてさて、別居を解消するに当たっての
道のりを記そうと思います。
やっぱり、こうやって記録することで
自分の気持ちを確定していきたい。
だれのためでもなく、自分の進むべき道を
自分で見つけるために・・・


前回、ギャマノンに行こうという決心が
固まりました。

義母と待ち合わせました。
義母は、高速バスで来てくれました。
雨が降っていました。

なんだか・・・
義母は、疲れていました。
笑顔の中に寂しさや複雑な心境がうかがえました。


それまで幾度も義母と電話でしゃべって、泣いて。
「nickeyちゃんと、どういう顔をして
 会えばいいのかわからない・・・」
そう言われたこともありました。



私は電話カウンセリングで「依存症の末期」と
断言されてしまってから、
全てのことに合点がいっていた後だったので、
「それでも、一緒にギャマノンに言って欲しい」と
お願いし、やっとスケジュールをあわせる事が出来ました。


雨が降る中、なるべく明るい話題で
ギャマノンへの道のりを歩きました。


初めてギャマノンに行った感想は・・・
正直こんなに多くの人が参加していたとは。。。
そして、みんなの発言を聞いていたら、
それだけで泣けてしまいました。

「40歳の息子が・・・」
「68歳の夫が・・・」
「23歳の息子が・・・」
「30歳の息子が・・・」
「32歳の息子が・・・」


情けなくなりました。
20歳を大きく過ぎた大の大人が、
家族を苦しめて・・・
あげく、苦しんでいるのは
本人ではなく、家族だけ・・・。


涙が出て止まりませんでした。


初めての参加ということで、
一通り皆さんの話を聞いてから、
自分の事を話す事になりました。


もう、今までの感情が
一気にあふれて・・・
涙でぼろぼろになりながら
話しをしました。
共に、涙ぐんでくださる方も
とても多かったのが印象的で。


それと、何より
「分かち合いをしましょう」と
言われた意味がわかったような気がしました。



話を終えて、ここでもまた、
心が軽くなったのです。

ギャマノンのホームページにも
ギャマノンが自分に合うか合わないか
最初に決める前に最低6回は参加してみてください。
・・とあります。

しばらく行ってみようとおもう、
そう義母に言いました。


義母と別れる時、
義母の目に涙が光りました。



一緒に、すこし
がんばってみようね。
私は、とにかく頑張ってみるから
元気で過ごしてね。


それしか言えませんでした。



よかったら、クリックにご協力くださいね。
FC2 Blog Ranking
別居・依存症 Ranking

 
スポンサーサイト

9件のコメント

[C370] いろいろ大変だったんだね

ギャマノンにいかれたんですね
お義母さんといかれたとのこと
羨ましいです
周りがみんな
依存症のこと
きちんと理解していないと
一人だけ理解できていても
なかなか難しいですよね
私もギャマノンに出会えたことは
夫のおかげかなって思っています
今まとめて読ませていただいていました
いろいろ大変だったんですね
依存症って
私もギャマノンで勉強させてもらって
知ったんだけど
ギャンブルだけじゃなくって
他の依存症も併発するパターンが多いんですね
そう考えれば夫の行動
納得(?)できることも多くて
性格と言うか気質の問題が根っこにあるので
やっぱりって納得ですよね
  • 2008-10-02
  • 投稿者 : 莉花
  • URL
  • 編集

[C371]

20歳になったら大人...
というけれど
本当にこの病気の人は多分50になっても同じかも。
自分は苦しまず
苦しむのは家族。
年老いた親、冷めた目で見る妻と、
すっかり子供が大きくなっても
何で足りないときに借りることがいけないんだ?
と、どこまでも変わらない本人。

どこまでいっても平行線なんでしょうね
  • 2008-10-02
  • 投稿者 : わかな
  • URL
  • 編集

[C373] 依存症って・・・

莉花さん☆
コメントありがとうございます。
莉花さんも、おっしゃっていましたね。
依存症だと解って、肩の荷が下りたような気がしたって。
すごく、「夫=病人」という何ともシンプルな
図式に、今までなんで気づかなかったんだろうって
感じですよね。。。
というよりも、かなり巻き込まれてしまっていたから
気づけなかったんですよね・・・しくしく。
義母は、数回一緒にギャマノンに行ったので、
なんとなく解ってきています。
全然解ってくれないのは、義父です。
一度は、理解を示してくれたけど、
「愛情を込めて本人に諭せば解るはずだ・・・・」と
言い始めています。

愛情だけではどうにもならない・・・。

本人の気質によるところからの発生で
依存が深くなっていき、
本人の気質どころではない、
大変なことになっていく・・・
恐ろしい病気だね。。
そういうことに気づけたし
知識が少しは身に付いたから、
後は、自分と子どものためにどうするべきかの
答えをゆっくり出そうと思います。
その間の貯金はがんばらねば!!笑

[C374] そうですよね。

わかなさん☆
ホント、コレばっかりは年齢関係なく。
どんどん依存症歴が深くなってしまう人とは
絶対に交わる事なんて、ないんでしょうね。
夫とも、平行線で終わる確率の方が高いんでしょうね。

結婚生活を続けるか、終えるかはまだまだ
解らないし、結論も出せないけれど、
「いつか分かり合える日が来る」なんて
とうてい思えないし、そんな期待も最初は持っていたけど
今ではサラサラ思いません。
そう思わなくなっただけでもすごく楽になりました。

[C376]

こんばんわ
夫はGAへ、私はギャマノンへ 近々行く予定です

行っても見ないで質問なんですが、家族がギャマノンに行く意味ってなんなのでしょうか
私がギャンブル依存症なわけでもないのに行く意味があるのでしょうか・・・
ギャンブル依存症を理解するため?支えるため?何かの覚悟をするため?

それとGAに夫は「行ってもいいけど・・・」っぽく話ますが、自分から行くわけではなく、周囲(私)が勧めてでも行かせた方がいいのでしょうか・・・

悩んでいる割には答えが見当たらず、適切な相談相手も見つけられずにネットを徘徊している日々です
  • 2008-10-09
  • 投稿者 : ニッチ
  • URL
  • 編集

[C377] おはようございます。

ニッチさん☆
最初はやっぱり、その「意味」が見いだせない・・・
私もそうでした。
ギャマノンの存在を知ってから、実際に行くまで、
なんと4年ほどの年月を費やしてしまいました。。。
もっと早く行けばよかったなぁ、っていうのが正直なところです。
で、家族がギャマノンに行く意味ですが、私は
「自分がギャンブル依存症の人に巻き込まれずに
 幸せに生きていくために、元気を取り戻すために行く」
っていう感じです。

私も最近市の相談で言われてしまいました。
ギャンブル依存症の人の家族(多くは妻、親)は
ほとんど「共依存」と呼ばれる状態に陥っているんですって。
それは、借金の肩代わりをしてしまっていたり、
本人を更正させようと説得してみたり怒ってみたり・・
本人をコントロールしようと必死にもがいている状態。
それは、すごく危険なことだって。
つまり、共依存に陥っている人は、誰かのために生きている。
「私がどうしたい」っていう「主体性」が欠落している状態だって。

ハッとしました。
ニッチさんも言うように、
夫の事を理解する
夫のために支える
夫のために自分の人生を覚悟する・・・?
夫が治療につながるように、
夫が病気と認めてくれるように、
ギャマノンに行っていませんか?って。

「自分のために」ギャマノンに行きましょう。って。

今、私が言っている意味は、もしかしたら
ニッチさんがギャマノンに行ってみて、
何回か通ってから、「あぁ!そうか~」って思うかもしれないけど・・

私が最初に通うことを決意したのは
「自分がどうしたいのか、その答えを見つけるため」でした。

それと、ご主人がGAに行ってもいい、と
おっしゃっているなら、
是非行ってみてもらいたいですね。
ニッチさんの地域では、ギャマノンとGAはおんなじ会場で
同じ日時でされていますか?
もしそうだったら、ニッチさんがギャマノンに行くときに、
となりでGAやってるから一緒にいってみる?って
誘うのも言いと思います。
でも、かたくなに拒否されたら、まずは放っておいて
ニッチさんだけでもギャマノンに行ってみて、
本人に対してどういう対応をしたらいいのか、
冊子があるので、それを読んでみて、
自分の態度を変えていくと、GAにつながりやすくなると思います。

うちの夫は「GA???」そんなもの、俺には関係ない!
の一点張りなので、まだまだ時間がかかります。
でも、最近、その市の相談で
「夫のためにギャマノンに行っていませんか?」って言われてしまってから、
夫がつながらなくても、いいやって少し思えるようになりました。
そして、自分の人生は自分のためにあるんだ、って
やっと、自分らしさを取り戻しつつあります。

答えになったかなぁ。
答えが見つからない。そんなときは、
新しい試みをしてみるってのもいいと思います。
ギャマノンに、行ってみることで、
なにかが見えてくるかも知れないですよ。
で、行ってみたなら、1回で自分にあうかあわないかを
決めずに、数回(ホームページでは最低6回)は、
つづけて行ってみてそれから答えをだしてもいいと思います。

それと・・・私以外にも、同じ様なブログをやっている人にも、
どんどん聞いてみていいと思いますよ!
やっぱり同じ悩みをもつ人でも、それぞれの思う
「自分の幸せ」って、ほんとうにそれぞれだと思うから、
たくさんの人に聞いて、「これだ!」っていう意見を参考に
してもいいと思います。
私も地の底よりも落ち込んだとき、非公開メールとかで
相談してみました。
同じ悩みを持つ人たちだから、すごく心に届いて、
救われたりしました・・・。

そして、私でよかったら、
またコメントくださいね。
元気出してくださいね!
あ、元気でないときはムリに元気だそうなんて
思わなくていいと思いますけど!
応援しています。

[C386] 記事を闘病記として紹介してもよろしいでしょうか?

nickeyさん、はじめまして(^^)
『依存症.com』を運営している木下と申します。
http://www.izonsho.com/

こちらのHPを闘病記として紹介してもよいか確認したく
直接コメントさせていただきました。
実際に依存症を患った方の記事を掲載することで
同じ悩みを持つ人たちの助けになると考えております。

既に皆様のご好意よりブログをいくつか紹介していますので
『ブログ・闘病記』のページを是非ご覧くださいませ。
http://izonsho.com/blog/

御了解頂けるようでしたら
折り返しリンクの掲載方法の詳細をご連絡差し上げますので
何卒よろしくご検討をお願いいたします。

メールにてご返信頂ける場合は、下記アドレスまでお願いいたします。
mail☆izonsho.com(@を☆に変更しております)

[C387] はじめまして。

木下さん☆
コメントありがとうございます。

お誘いありがとうございます。
実は今、まだそちらのホームページに
おじゃまできていませんので、
お返事お待ちくださいませ。

☆闘病、ということになると、
 「私」の「共依存闘病記」となるのでしょうか。
 そういう観点では書いていないので、
 (ほかの方からみたらそうなるのかも知れないけど)
 ご期待に添えるかどうか解りませんが、
 お返事させて頂きますね。 ありがとうございます。

[C396] nickeyさんへ

コメントありがとうございます(^^
nickeyさんのブログは旦那様とのことについて主に書かれているので
「ギャンブル依存症」のカテゴリーが適切かと思われます。
よろしくご検討くださいませ。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://slotizon.blog51.fc2.com/tb.php/69-fdea3d3e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

訪問ありがとう

あなたは・・・
人目のお客様です☆

私ってこんな人

n

Author:n
書き始めた頃30代後半でした。
現在40代前半になっています。
娘一人。
夫と5ヶ月の別居を経て現在同居中。
夫と出会い、結婚してから
ギャンブルに「はまる」とは
どういう事かが解りました☆
 

最近の記録

あんな事言ってたっけ?

最近のトラックバック

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

友達になってください

この人とブロともになる

お友達です♪

A's room
  by "A"
キボウノヒカリ
  by "hikaripika"
笑顔に向かって・・・
  by "のん"
スロット依存症からの離脱 2013年230万返済へ ~ slots addiction ~
  by "aptw"
30代ママの自分磨き
  by "kagami"