Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C183] 確かにインターネットは便利ですね

私も、インターネットで債務整理のことを知り、
手続きは全て電話とインターネットのみで
行い、1回も弁護士事務所には行きませんでした。
今思えば、それが逆に反省をしなかった原因かも
しれません、、。
でも、そのことすら知らなければ、今頃夜逃げして
いたかも知れません。そう考えると、インターネット
というのも、ほかの考え方を知るうえでは良いツール
なのかもしれません。
しかし、nickeyさんのお母様の解釈は、だいぶ
曲がって捉えられたんですね。私も同じように
違う捉え方をするところはありますが(汗

ただ、お母様が、離婚するのが良い方法のはずだ、
というレッテル貼りした事を離婚しないほうが良いと
考え直すというのも、なかなか大変なのだとは
思います。
本当ならば、娘の幸せを考えるのが親なのだとは
思うのですがねえ、、、、。

[C184] すごい!

aptwさん☆
ネットって、超~便利ですね~~~!!!笑
でも、ネットの情報も、かなり怪しいものがありますね。
ギャマノンも最初は「何コレ、すげ、あやし~!」って
思っていました~汗

nickeyの母、すごいでしょう。
まったくね、この後もすごい思いこみで
突っ走りますよ。お楽しみに。

うちの母はむかしから「母子一心同体」を信じてやまない人間だと思います。だから、娘の幸せは私が考える幸せと一緒に違いない、いや、違うはずがない、と思っています。きっと。言葉では言いますよ。
「あなたの人生だからあなたの好きにしたらいい。」
「・・・でもね・・・」と、相反する言葉を述べますよ。いつも。

ネットで「過干渉」という言葉を知りました。
今まで私は母を「過保護」だと思っていました。
でも何か、違うと感じていて、「過干渉」といわれ、
ハッとしました。コレ!って。
まとわりつきすぎって言う感じです。

[C185] おはようございます。

先日、夫は「メール依存」と書いたRINです。メールの相手は女です。nickyさんはとても勉強熱心なのですね。私も理論的に納得したいので、色々と本を読みあさりました。

一番、目から鱗だったのは「この人と結婚していいの?」(石井希尚著)という本で、この中では男の心理を「ウルトラマン思考」と書いているのですが、「ウルトラマンは賞賛を求める」というくだりがありました。nickyさんが書いていた「報酬を求める」ということと共通するんじゃないかと思いました。
東京ではこの著者の「男と女の心理学講座」が開かれているそうです。私は関西なので、残念ながら行けないのですが、関西で似たような講座がないか探しています。
nickyさんも、もし興味をもっていただけましたら読んでみて下さいね。

  • 2008-05-12
  • 投稿者 : RIN
  • URL
  • 編集

[C186] こんにちは

こういう理由での離婚はとても多いと思います。中には【ギャンブル依存症】と言う事に気付く事なく離婚をされた方も多いのではないかと思います。ギャンブル依存症…大変な事ですが私は気付く事が出来て良かったと思っています。もし旦那が否定的だったとしても自分が変わってみると言う事が出来ます。うちの旦那は一応認めてはくれましたがどこまでかは正直分かりません。まだどん底を見ていないと思うので…ですが、まずは自分が変わる事だと思っています!本の紹介ありがとうございました

[C187]

カウンセリング料、高いですねぇ~。
ってまず、そこかよ!って感じですが・・・汗
失礼、ついギャンブル依存症の人と暮らしていたからお金のことには敏感なんです・・・苦笑。
ホープヒルのカウンセリングでもそんなにしなかったので。

うちの母は、私に干渉していたかと思うと、
崖から突き落とすようにばっと手を離すタイプです。
今回の離婚のことでも、「私は知らない!!」と
言い放った人間です。
このぉ~、今まで私に同調していてくれたくせに
肝心なところで味方してくれないのかよ!!って
怒りたくもなりましたよ・・・。
って、私のことばかり書いてますけど、

もし、お母さんが「離婚反対!」って言っていたら
nickeyさんは、どうしていたのかな?って思って。
母のことは母のこと。旦那さんのことは旦那さんのことで
分けて考えてみると、どうなるのかな?って思って。

お母さん、今後どう出るか?期待しています。

[C188] わぁ~

RINさん☆
こんにちは!
私もむかし、そんなタイトルの本読んだことがあるような・・・笑
前の彼氏と結婚をどうするか、のような感じの時でした。
読めば読むほど、このひとと結婚したら大変なことになる!と
思ったものです。。。が。
今の結婚はそれ以上に大変だったかも!!!苦笑

関西にお住まいなのですね。関西でいい情報があればいいですね。
私も・・・実は圏内ですよ~☆

[C189] 本当ですね。

り-さん☆
そうですよね。依存症という病気だと気づいたから、
私もそのギャンブラーにとらわれてしまっている状態だったことがわかりました。そのおかげでたいへんいろいろなことを勉強できています。
依存症の人はどん底を見ないと自分から「このままではいけない!」と理解できないですよね。夫はまだまだですが、根気よく接していきたいと思います。

[C190] でっしょ~

あいさん☆
高い・・・泣
しかし、まぁ賞与をもらったすぐあとだったので、行ってみようと思いました。
15,000円出しても高くない。そう思いました。
それだけ離婚することが正しいことか正しくないのか、
客観的に、プロの見解を聞きたい、という心で一杯でした。
必死でしたもの・・・そのころあいさんにメールしましたよね。
悲壮感ただよっていたでしょ~?笑

私は、母に「離婚を考えている」といっただけ。
「離婚したい」とは一言も言っていないのですが
私は離婚したがっている、と勝手に解釈。
理由が夫の借金と金遣いの荒さ、家族を顧みずスロットに行く・・・
言語道断!と言うわけです。
その気持ちもわかりますが、
「まずは彼とちゃんと話をしたのか?」という
一言もなく両親共々
「荷物をはやく引き上げた方がいい。
 そういう男はあとでごねて別れられなくなる!」と
言われました。

離婚反対、といわれたら、きっと私、ほっとしたと思います。
あの家に、帰れる、と思って。
実家に足を踏み入れたとたん、なんというか
全身で感じてしまったのです。
「ここは私のいるべき場所ではない」と。
すごく今まで以上にキツい生活が始まる、ということが
肌で感じ取れた瞬間でした・・・泣

[C191] こんばんは

関西にお住まいなんですか私も関西です私は田舎出身なんで関西は都会な気がしていましたが今住んでるとこは意外に田舎なのかギャンブル依存性やその他の依存性を受け付けている心療内科など見つかりませんでした私の調べ方が悪かったのかも知れませんがこころの相談にも電話してみましたがそういう事に関しての機関などはよくわからないと言われてしまいましたアドバイスと言えば、お金は渡さない事、とりあえずは本人のやりたいようにさせてみる事だけで機関などは保健センターに聞くように言われ聞いてみましたがこちらも曖昧でしたあまり相談する人がいないんでしょうか…

[C192] 一応

り-さん☆
「圏内」と、にごしておきます・・・。
アディクションまるごと改訂版
〈治療相談先・自助グループ〉全ガイドという本を
このブログでも紹介しています。
これに、いろいろ載っていますよ。
専門で、というのはさすがにないかも知れませんが、
どちらかというと、やっぱり医療機関は
国が病気と認めない「ギャンブル依存症」を
見てくれるところは少ないです。
自助グループに参加するのもよいと思います。

[C193] こんばんは

こちらの本はタイトルだけAmazonで見かけました私の住んでいるところからは少し離れてますがギャマノンはあるようです。HPも見ましたが子供は連れて行けないみたいなので下の子を預けられるまであと2ヶ月くらいなのでそれからかなって感じですそれまでは本を読むのは好きなので色々と読んでみたいなって思っていますアダルトチルドレンも本にはよく出てくるのでアダルトチルドレンの本も読んでみたいです早く自助グループにも参加してみたいです

[C194] そうですか

り-さん☆
子どもに聞かせるはなしではないですものね・・・
いい託児所が見つかるといいですね。
り-さんはACなのですか?
たぶん私はACではないのですが、母との確執はすごいです・・
世の中疲れますね・・・泣

ギャマノンはすごく癒されます。
私はとても救われましたよ!

[C206] う~ん

私は違うと思うんですけどもしかしたら旦那がACなのかなって…そうなるとACで依存症?って訳が分からなくなるんですが…義父は今でこそ真面目に働いていますが昔はよく仕事を辞めたりしていたようで平日でもいつも家にいる事が多く義母は生活するために借金をしていたようですがその中でも義母はパチンコに行ってたみたいですなのでパチンコ資金は借金からじゃないかなと思いますし旦那が奨学金を受けていながらも授業料未納が発覚した時も旦那はパチンコに使ったんじゃないか?と言ってました。他の借金の埋め合わせをしたのかも知れませんが…それに義父は旦那が小さい頃は叩く殴るだけでなく蹴り飛ばしたりしてたようでもしかして旦那の家は家族機能不全と言われているものかな?とも思います。

[C208] それは

り-さん☆
大変な環境で育ったのですね。。。
私はまだ機能不全家族を詳しく勉強していないので
何とも言えませんが、その環境がご主人におおきく
影響したことは確かでしょうね・・・
ACと依存症はやっぱり密接に関連がありますよね。
それが世代連鎖とよばれるものなのでしょうか。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T2] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2008-05-11
  • 発信元 :
トラックバックURL
http://slotizon.blog51.fc2.com/tb.php/40-4c8ab845
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

別居解消への道 4

別居して。


原因は私の対応のまずさもあったのではないか。
そう思い始めてはいたものの、
何からどうすればよいのかわからずにいました。

母は

「早く離婚に向けて動きなさい」

と言いました。

私は本当に今は何も考えられないから
そっとしておいて欲しいと何度も伝えました。

母はわかった、といいながら次の日には
遠回しに「離婚することがあなたの幸せ」「早く離婚の決断を」
言ってきます。
まるで、洗脳です・・・。


私は・・・
もしも、離婚になった場合、どんな手続きを踏んで離婚に至るのか
全く知りませんでした。

インターネットで、図書館で。
いろいろな情報を入手しました。

図書館で「それでもやり直したい二人のためのマニュアル」という
タイトルの本に出会いました。
原因が借金の場合・・・離婚に至る危険度合いが高い、ということが書いてありました。
その本の最後にホームページが書いてありました。

離婚カウンセリング・・・

そうか、テレビドラマなどでこういうのがあったっけ。
いちど相談してみてもいいかもしれない、と
そう思いました。
ホームページなどで紹介されていた著者は、テレビなどでも活躍していると
書かれてありました。
私の住んでいるトコロにも出張所があると知りました。


インターネットって便利ですね。
そうやって離婚に関しての情報を集める中で
ギャンブルが原因で離婚や別居に至っている人が
多いことも知りました。

その中でたびたび目にする「ギャンブル依存症」という文字。

私は「ギャンブル依存症」という言葉自体はかなり前から知っていました。
しかし、自分の夫がまさにギャンブル依存症だということを
まだ認めていませんでした。
依存症かどうかのセルフチェックが出来るホームページがあることは新聞記事で知りました。チェックすると、夫に当てはまる部分が多くあります。
夫に言ってみると「ばかばかしい」と相手にしてくれないので、今の今まで放置プレーだったわけです。
そのころ真剣にギャンブル依存症について勉強を始めていたら今頃こんなことになっていなかったかも。そう思いました。


けれども、今、わたしの前には「離婚問題」が浮上し
それをどうしていくか決定をしていかなければなりません。
心をゆっくり落ち着かせると同時にやらなければならないことは山積みでした。

依存症の事も頭に置きながら、
現状のアドバイスをもらいたい。
そう考えるようになりました。


案ずるより産むが易し。


離婚カウンセリングに一度電話をしてみました。
「私たちは、すぐに離婚をすすめません。
 あなたが離婚かどうか迷っているのなら、離婚が絶対に正しいとはいいきれない。
 その状態を一緒に分析し、今度どうすることがいいのかを、一緒に考えようというものです。
 一度話をしにこられてはいかがですか?」

と言ってもらいました。
少し気が軽くなりました。1回のカウンセリング料金は15000円くらいなので一度うけようと思いました。


母に、「私、自分自身の心と向き合うためにも、一度、離婚カウンセリングというものをうけようと思う」と伝えました。
母の顔が明るくなりました。


その後、私がいないところで母が父に言っていたのを聞き逃しませんでした。
「あのこ、やっと離婚する決心がついたようだ。
 離婚カウンセリングに離婚をどうやってすすめたらいいのか
 相談に行くと言っていた。」



・・・すごい思いこみ・・・よくそこまで自分にいいように解釈できるもんだなぁ。




よかったら、クリックにご協力くださいね。
FC2 Blog Ranking
別居・依存症 Ranking

 
スポンサーサイト

14件のコメント

[C183] 確かにインターネットは便利ですね

私も、インターネットで債務整理のことを知り、
手続きは全て電話とインターネットのみで
行い、1回も弁護士事務所には行きませんでした。
今思えば、それが逆に反省をしなかった原因かも
しれません、、。
でも、そのことすら知らなければ、今頃夜逃げして
いたかも知れません。そう考えると、インターネット
というのも、ほかの考え方を知るうえでは良いツール
なのかもしれません。
しかし、nickeyさんのお母様の解釈は、だいぶ
曲がって捉えられたんですね。私も同じように
違う捉え方をするところはありますが(汗

ただ、お母様が、離婚するのが良い方法のはずだ、
というレッテル貼りした事を離婚しないほうが良いと
考え直すというのも、なかなか大変なのだとは
思います。
本当ならば、娘の幸せを考えるのが親なのだとは
思うのですがねえ、、、、。

[C184] すごい!

aptwさん☆
ネットって、超~便利ですね~~~!!!笑
でも、ネットの情報も、かなり怪しいものがありますね。
ギャマノンも最初は「何コレ、すげ、あやし~!」って
思っていました~汗

nickeyの母、すごいでしょう。
まったくね、この後もすごい思いこみで
突っ走りますよ。お楽しみに。

うちの母はむかしから「母子一心同体」を信じてやまない人間だと思います。だから、娘の幸せは私が考える幸せと一緒に違いない、いや、違うはずがない、と思っています。きっと。言葉では言いますよ。
「あなたの人生だからあなたの好きにしたらいい。」
「・・・でもね・・・」と、相反する言葉を述べますよ。いつも。

ネットで「過干渉」という言葉を知りました。
今まで私は母を「過保護」だと思っていました。
でも何か、違うと感じていて、「過干渉」といわれ、
ハッとしました。コレ!って。
まとわりつきすぎって言う感じです。

[C185] おはようございます。

先日、夫は「メール依存」と書いたRINです。メールの相手は女です。nickyさんはとても勉強熱心なのですね。私も理論的に納得したいので、色々と本を読みあさりました。

一番、目から鱗だったのは「この人と結婚していいの?」(石井希尚著)という本で、この中では男の心理を「ウルトラマン思考」と書いているのですが、「ウルトラマンは賞賛を求める」というくだりがありました。nickyさんが書いていた「報酬を求める」ということと共通するんじゃないかと思いました。
東京ではこの著者の「男と女の心理学講座」が開かれているそうです。私は関西なので、残念ながら行けないのですが、関西で似たような講座がないか探しています。
nickyさんも、もし興味をもっていただけましたら読んでみて下さいね。

  • 2008-05-12
  • 投稿者 : RIN
  • URL
  • 編集

[C186] こんにちは

こういう理由での離婚はとても多いと思います。中には【ギャンブル依存症】と言う事に気付く事なく離婚をされた方も多いのではないかと思います。ギャンブル依存症…大変な事ですが私は気付く事が出来て良かったと思っています。もし旦那が否定的だったとしても自分が変わってみると言う事が出来ます。うちの旦那は一応認めてはくれましたがどこまでかは正直分かりません。まだどん底を見ていないと思うので…ですが、まずは自分が変わる事だと思っています!本の紹介ありがとうございました

[C187]

カウンセリング料、高いですねぇ~。
ってまず、そこかよ!って感じですが・・・汗
失礼、ついギャンブル依存症の人と暮らしていたからお金のことには敏感なんです・・・苦笑。
ホープヒルのカウンセリングでもそんなにしなかったので。

うちの母は、私に干渉していたかと思うと、
崖から突き落とすようにばっと手を離すタイプです。
今回の離婚のことでも、「私は知らない!!」と
言い放った人間です。
このぉ~、今まで私に同調していてくれたくせに
肝心なところで味方してくれないのかよ!!って
怒りたくもなりましたよ・・・。
って、私のことばかり書いてますけど、

もし、お母さんが「離婚反対!」って言っていたら
nickeyさんは、どうしていたのかな?って思って。
母のことは母のこと。旦那さんのことは旦那さんのことで
分けて考えてみると、どうなるのかな?って思って。

お母さん、今後どう出るか?期待しています。

[C188] わぁ~

RINさん☆
こんにちは!
私もむかし、そんなタイトルの本読んだことがあるような・・・笑
前の彼氏と結婚をどうするか、のような感じの時でした。
読めば読むほど、このひとと結婚したら大変なことになる!と
思ったものです。。。が。
今の結婚はそれ以上に大変だったかも!!!苦笑

関西にお住まいなのですね。関西でいい情報があればいいですね。
私も・・・実は圏内ですよ~☆

[C189] 本当ですね。

り-さん☆
そうですよね。依存症という病気だと気づいたから、
私もそのギャンブラーにとらわれてしまっている状態だったことがわかりました。そのおかげでたいへんいろいろなことを勉強できています。
依存症の人はどん底を見ないと自分から「このままではいけない!」と理解できないですよね。夫はまだまだですが、根気よく接していきたいと思います。

[C190] でっしょ~

あいさん☆
高い・・・泣
しかし、まぁ賞与をもらったすぐあとだったので、行ってみようと思いました。
15,000円出しても高くない。そう思いました。
それだけ離婚することが正しいことか正しくないのか、
客観的に、プロの見解を聞きたい、という心で一杯でした。
必死でしたもの・・・そのころあいさんにメールしましたよね。
悲壮感ただよっていたでしょ~?笑

私は、母に「離婚を考えている」といっただけ。
「離婚したい」とは一言も言っていないのですが
私は離婚したがっている、と勝手に解釈。
理由が夫の借金と金遣いの荒さ、家族を顧みずスロットに行く・・・
言語道断!と言うわけです。
その気持ちもわかりますが、
「まずは彼とちゃんと話をしたのか?」という
一言もなく両親共々
「荷物をはやく引き上げた方がいい。
 そういう男はあとでごねて別れられなくなる!」と
言われました。

離婚反対、といわれたら、きっと私、ほっとしたと思います。
あの家に、帰れる、と思って。
実家に足を踏み入れたとたん、なんというか
全身で感じてしまったのです。
「ここは私のいるべき場所ではない」と。
すごく今まで以上にキツい生活が始まる、ということが
肌で感じ取れた瞬間でした・・・泣

[C191] こんばんは

関西にお住まいなんですか私も関西です私は田舎出身なんで関西は都会な気がしていましたが今住んでるとこは意外に田舎なのかギャンブル依存性やその他の依存性を受け付けている心療内科など見つかりませんでした私の調べ方が悪かったのかも知れませんがこころの相談にも電話してみましたがそういう事に関しての機関などはよくわからないと言われてしまいましたアドバイスと言えば、お金は渡さない事、とりあえずは本人のやりたいようにさせてみる事だけで機関などは保健センターに聞くように言われ聞いてみましたがこちらも曖昧でしたあまり相談する人がいないんでしょうか…

[C192] 一応

り-さん☆
「圏内」と、にごしておきます・・・。
アディクションまるごと改訂版
〈治療相談先・自助グループ〉全ガイドという本を
このブログでも紹介しています。
これに、いろいろ載っていますよ。
専門で、というのはさすがにないかも知れませんが、
どちらかというと、やっぱり医療機関は
国が病気と認めない「ギャンブル依存症」を
見てくれるところは少ないです。
自助グループに参加するのもよいと思います。

[C193] こんばんは

こちらの本はタイトルだけAmazonで見かけました私の住んでいるところからは少し離れてますがギャマノンはあるようです。HPも見ましたが子供は連れて行けないみたいなので下の子を預けられるまであと2ヶ月くらいなのでそれからかなって感じですそれまでは本を読むのは好きなので色々と読んでみたいなって思っていますアダルトチルドレンも本にはよく出てくるのでアダルトチルドレンの本も読んでみたいです早く自助グループにも参加してみたいです

[C194] そうですか

り-さん☆
子どもに聞かせるはなしではないですものね・・・
いい託児所が見つかるといいですね。
り-さんはACなのですか?
たぶん私はACではないのですが、母との確執はすごいです・・
世の中疲れますね・・・泣

ギャマノンはすごく癒されます。
私はとても救われましたよ!

[C206] う~ん

私は違うと思うんですけどもしかしたら旦那がACなのかなって…そうなるとACで依存症?って訳が分からなくなるんですが…義父は今でこそ真面目に働いていますが昔はよく仕事を辞めたりしていたようで平日でもいつも家にいる事が多く義母は生活するために借金をしていたようですがその中でも義母はパチンコに行ってたみたいですなのでパチンコ資金は借金からじゃないかなと思いますし旦那が奨学金を受けていながらも授業料未納が発覚した時も旦那はパチンコに使ったんじゃないか?と言ってました。他の借金の埋め合わせをしたのかも知れませんが…それに義父は旦那が小さい頃は叩く殴るだけでなく蹴り飛ばしたりしてたようでもしかして旦那の家は家族機能不全と言われているものかな?とも思います。

[C208] それは

り-さん☆
大変な環境で育ったのですね。。。
私はまだ機能不全家族を詳しく勉強していないので
何とも言えませんが、その環境がご主人におおきく
影響したことは確かでしょうね・・・
ACと依存症はやっぱり密接に関連がありますよね。
それが世代連鎖とよばれるものなのでしょうか。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T2] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2008-05-11
  • 発信元 :
トラックバックURL
http://slotizon.blog51.fc2.com/tb.php/40-4c8ab845
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

訪問ありがとう

あなたは・・・
人目のお客様です☆

私ってこんな人

n

Author:n
書き始めた頃30代後半でした。
現在40代前半になっています。
娘一人。
夫と5ヶ月の別居を経て現在同居中。
夫と出会い、結婚してから
ギャンブルに「はまる」とは
どういう事かが解りました☆
 

最近の記録

あんな事言ってたっけ?

最近のトラックバック

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

友達になってください

この人とブロともになる

お友達です♪

A's room
  by "A"
キボウノヒカリ
  by "hikaripika"
笑顔に向かって・・・
  by "のん"
スロット依存症からの離脱 2013年230万返済へ ~ slots addiction ~
  by "aptw"
30代ママの自分磨き
  by "kagami"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。