Entries

別居解消への道 3

別居して一週間・・・



寂しさのピークにいました。
夫の元に帰りたい・・・。



私は・・・
全てを夫のギャンブルのせいにしているのではないか。


別居が決まって別居を開始する日、
私はお世話になっている会社の社長に相談がてら
飲みに連れて行ってもらいました。


久しぶりに手ぶらで街に出て行きました。
爽快でした。
コートのポケットに携帯と財布、ハンカチと口紅。
手ぶらで街に出たのは何年ぶりだろう。
そんなことを考えていました。


少し早めに街をうろうろ。
なんだかとても心が躍りました。


百貨店のケーキ売り場に行くと
たくさんの人がケーキを選んでいます。

かわいらしいカップルや
ステキな熟年カップル。
母娘、OLさん・・・
この人はお父さん?


そのとき、ハッと思いました。


私・・・
もっと自由に生きれば良かったのでは。
と。

辛党の夫と一緒にたべられないから
買わなかったケーキも
たまには自分一人が楽しむために買えば良かったんじゃない?

ケーキ屋さんの前でそう思って・・・
自分の今までを振り返りました。


夫のギャンブルを監視しようと
一緒に嫌々スロット屋に行っていた私。
そんなにイヤなら別行動をして
大好きなお寺や植物園、雑貨屋さんやカフェ、
友達と遊んだりウィンドウショッピングしたり
すればよかったんじゃない?私。


手ぶらに街に出る。
子どもも少し実家に甘えて3時間くらい
一人でぶらっとしてもよかったんじゃない?私。


なぁにやってたんだろ。


とても大切なことに気づいた気がしました。

私、夫のせいばかりにしていたのでは?
私がこうやってストレス解消していれば、
ここまで大変なことにならなくて良かったのでは?


その思いは確信に近いものがありました。


そのときは「共依存」という言葉すら知らないとき。
今から思えば共依存にはまっていた私に気づいた瞬間だった様な気がします。



私はその夜社長とうんと飲みまして、
最初、この問題の相談をしましたが
社長の見解は
「あんた、4年もがんばったんだ。
 まだがんばれる。
 子どものために別れない方がいいと思うよ。
 僕は社長という立場から、
 採用決定をする場合が多い。
 そのとき、片親の環境で育った子は
 独特のおんなじ雰囲気がある。
 逆境に弱いというか
 少しのことでキレやすいというか・・・
 すべてがそうではないけれどね。
 やっぱりどんな親でも
 揃っていた方がいいと思う。

 しかし・・・
 僕だったら別れるかも・・笑
 あんたのキャリアでその結婚は、もったいなかったかもね。ぎゃはは☆
 しかし、離婚はいつでも出来る。
 本当にどうするべきなのかはじっくり時間をかけるべきだから、
 あんたが納得できるまでかんがえてみるといい!」

って言ってもらいました。

(ご両親が離婚、または死別などで
片親の環境で育った方がこの台詞を見ると
ご立腹・・されるかもわかりません。
けれど、これは一つの意見ですので
どうぞご了承くださいね・・)


ゆっくりかんがえればいい。
このとき、私の周りで
離婚を反対したのは社長だけでした。

私はこの社長とはもう16年ほどの
おつきあいになります。
お互いにそう思っているとは思いますが
「馬が合う」「肌が合う」「そりが合う」
そんな感じでしょうか。
本当に絶大な信頼があるのです。
その社長が「離婚はおすすめできない」と
いっているのです。


心が大半決まりました。
今回は離婚をしない方向で解決したい。


そして、私の怒濤の勉強が始まります。

離婚カウンセリングの話・・・
出来ませんでした!次回こそ・・・!笑

よかったら、クリックにご協力くださいね。
FC2 Blog Ranking
別居・依存症 Ranking

 


スポンサーサイト

6件のコメント

[C177] こんにちは

そっか~
辛党のだんなさんのためにケーキは買わない
ご実家へ預けてショッピングも行かない
我慢してスロットについていく
という暮らしでは
やっぱりストレスはたまっていく一方ですね。

私はだんなが重症のせいか
自己防衛がはたらき!?
たまに自分を甘やかすことを
していた気がします。
実家の母に年子の赤ちゃん二人を預け買い物行ったり
大好きなケーキをデパ地下で買ったり
そんなことしないと普通で居られなかったような...

夫は夫、妻は妻、子供は子供
誰かのために自分とストイックに押し殺すことなんて
きっとないんですよね。

絶大な信頼を寄せる相談相手が
家族のほかに居らっしゃるんですね
いいなぁ。


  • 2008-05-09
  • 投稿者 : わかな
  • URL
  • 編集

[C178] 共存症だったんですね

ご主人が心配で、スロットに行ったり、
自分の自由な時間を我慢していたと書いていましたが、
本当に好きなら、勝手に自由にしているはずだし、
やっぱり、共依存というのか、ご主人と一緒にいたいという
脳の回路が働いていたんでしょうね。
でも、今回の話でよかったなと思うのは、知人の社長さん
という、相談できる存在がいらっしゃったところだと思います。
私も含め、すぐ近くに洗いざらい話ができる人がいないという
(いるのかもしれないが、いないと思い込んでるだけかも)状態
だと、一人で抱え込んで落ち込んで、また依存が強化されて、、、
というスパイラルに落ち込む危険性もあったと思いますので、
話ができるというのは、いいなあ、と思いました。
私も、もう少し自分に正直になれれば、そこまで話をしても
いいかなあと思うことができると思うんですが、、。
  • 2008-05-09
  • 投稿者 : aptw
  • URL
  • 編集

[C179] なんだかね

わかなさん☆
出産という一大イベントを乗り越えたものの、
夫はぜんぜん協力的ではなく
休みになれば私と娘をおいてスロット。
そんな夫に対して「なぜ!」っていう
思いが強くなり、説教したり説得したり。
ニンプ時代もいやいやついて行っていました。
胎教にわるいわるい!

でも、この別居する前の1年半くらいで
私も共依存傾向がすごい勢いで加速したと思うし、
そのせいで夫の依存症もすごく加速したと今では思います。

ハッと気づいて良かった。
今、夫は相変わらずのスロットですが
少しずつ関係は良好になっていると思います。

そうですね~・・・
本当に、この社長は感覚的に同じ種類の人間だと思います。
自分の人生で、この人に出会えてよかったなぁと
思えた人です。財産です。泣

[C180] 共依存

aptwさん☆
共依存、私は元々共依存傾向の多い人間ではないと思っていますが、
別居をする前・・・妊娠するちょっと前くらいから、
心のコンディションがすごい悪くなってしまって。
(妊娠、出産直後はホルモンバランスが変わってしまい、
 ウツっぽくなることもあるのですよ・・)
で、別居するまでの1年半くらいですごいスピードで
共依存傾向に陥ったと思います。
夫のことが好きで一緒にいたい、というよりも、
夫の持ち金が尽きたとき、勝手に消費者金融からお金を借りないように監視&コントロールしなければいけない!と使命感に燃えていました。これ以上貯金を崩すわけにはいかない!と。。。
私もスロットで勝ったり負けたりしながら負けたら必ず勝つ羽根パチに移動して少しでも回収する・・・そんなことが当たり前になっていました。

相手をなんとかコントロールしよう。
そういう意識がとても働き、夫を説得、説教、褒め、けなし・・・
私の共依存傾向が怒濤の勢いで強くなるのと比例するように
夫の依存傾向は加速、加速・・・。

気づいた時点で、本来の私を取り戻しつつありました。
それからまた怒濤のスピードで勉強するわけですが
今、ちょうど緩やかに前進しようといったん
スピードダウンしているところです。

社長の存在は、わたしにとってかなり
大きなものでした。
人生の、先輩。そして生涯尊敬しつづけられる人です。
本当に、自分の人生にこの
人がいてくれて、よかったと思いました。

aptwさんも、少しずつご自分の心の内を
はなせる人が出来てくるはず。
ゆっくりで、いいとおもいます!

[C181] こんにちは

みなさんのコメントも参考になりますね私は今、離婚をしない方向で模索中です私が離婚をしないと思ったのは旦那にも一応ギャンブル依存症の本を読んでもらいそして旦那の気持ちを聞いてからでした。もし旦那が否定しこのままでいいと言っていたら離婚していたかも知れません。ですが旦那は「変わりたい、止めたい」と言ってくれたのでこう言ってくれた旦那と別れたら別れた後で私が「あの時こうしてたら…」と色々考えて後悔してしまいそうだからです。子供も旦那によく懐いているし…ですが旦那の気持ちもいつ変わるか分からないので離婚の可能性はなくなった訳ではありません。頭の片隅には離婚も置いておいて今はギャンブル依存症について勉強中です。今までの私は間違っていました。それも分かったのでこれからまたすべき事がありました。一度、この状況で離婚した時の気持ちを考えてみるといいかも知れませんね。もしも、もぅ考えていたならすいません。。

[C182] そうですね!

りーさん☆
こんにちは!
この間ね、共依存の方を一冊読みましたのでまた紹介しますね。
私も離婚しない方向で模索中です。
夫は依然、「おれは依存症なんかではない」といっていますが。汗

変わりたい、やめたい。

そう思っているのなら、
そしてりーさんが家族として彼とつきあっていこうと
おもっているのなら、まず、彼が治療につながるように
手助けしてあげるのが家族であるりーさんの
当然の思いだと思います。

離婚は本当にいつでも出来ますよね。

今、私は別居をして考えて勉強して、そして
また夫のいるマンションに戻りましたが、
別居してそのまま離婚しなくてよかった、と
思っていますよ。

今、離婚してしまっても、
まだその苦しみから逃れることが出来ないと思います。

軽~く「あー、もう離婚でいいよ!」って
笑いながら言える状態にならないと、
離婚できないと思っています。

まだまだ勉強は続きます!!!!笑

またいらしてくださいね!
家族としてすべき事がある、と思っているなら
未来は明るいと信じましょうね!お互い・・・!!!

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://slotizon.blog51.fc2.com/tb.php/39-e511b452
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

訪問ありがとう

あなたは・・・
人目のお客様です☆

私ってこんな人

n

Author:n
書き始めた頃30代後半でした。
現在40代前半になっています。
娘一人。
夫と5ヶ月の別居を経て現在同居中。
夫と出会い、結婚してから
ギャンブルに「はまる」とは
どういう事かが解りました☆
 

最近の記録

あんな事言ってたっけ?

最近のトラックバック

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

友達になってください

この人とブロともになる

お友達です♪

A's room
  by "A"
キボウノヒカリ
  by "hikaripika"
笑顔に向かって・・・
  by "のん"
スロット依存症からの離脱 2013年230万返済へ ~ slots addiction ~
  by "aptw"
30代ママの自分磨き
  by "kagami"