Entries

夫が本日はいません。

夫が遠方に・・・


出張です!


泊まりです!!



シミュレーションです!!!





でも、夫のご飯を用意しなくていい。
帰りの時間を気にしなくていい。
お風呂の時間も私が子供とゆっくり♪
夫が嫌いなものでも夕ご飯にだせる!



う~ん・・・ステキな事ばっかりかも。



2年前の別居は
とてもつらかったんです。
実は凄く寂しかったし心がうちふるえた感じでした。


周りがみんな離婚大賛成で。


でも、私にはその勇気がなかった。
自分の・・・唯一選ぶ事が出来た
家族を否定するのが怖かった。


自分の選んだ男が
間違っていた・・。

ちがう。

自分に男の見る目が
なかった・・

という事実を認めるのがつらかった。




私は長女だ。


間違う事が
恥ずかしいのだ。



突っ走って生きてきた。



突っ走る事でしか、
自分を表現出来なかった・・・。




デザイナーという職業も
そういう突っ走った部分から選んだのかもしれない。



本当はとても平凡で
女の子として
幸せになりたいという
願望が凄くあったのに。笑



私は男前を目指した。



今でも男前を目指してる。
家庭に男が二人もいらないよね。



本当は女の子がしたいのに。




そんな事も感じた夫の出張でした!




気楽に頑張れるかもしれません! 笑
スポンサーサイト

狂った結婚生活

お義母さんと色々と喋った時。


私は自分の中で
エンドレスになっていくんじゃないかという
思いがよぎりました。




借金がパンクした時がGAへのチャンス。
私がGAに言って欲しいと言うが
黙ったまま。つながらない。

そしたら次は司法書士の先生に
話をしてもらってGAへのチャンス。
それも自分はそうじゃないと逃れてつながらない。

そしたら次は費用を調達する際に親に念書を
書かせてGAへつながって欲しい。
それも甘い甘いお金の貸し方でおし黙ったまま。
つながらない。

そしたら次は病院に一緒に行って
先生に宣言してもらい、GAに行く意味を話してもらい
夫が行かなくてはならない人種であることを
説明してもらおう。

でもそれもつながらなかったら?

私は一体いつまで待たなければいけないのでしょう?

そんな事で一生依存症と離婚を考えながら
生きていかなければならないのでしょうか。



ブラックになって


喪が明けて。


また借金が発覚して。


またブラックになって。


また喪が明けて?


ブラックになって・・


次はヤミ金?


次は窃盗? 強盗? 恐喝?


何が待ってるの??



そんな不安って
普通の結婚生活では
あり得ない心配。




そんな心配をしながら続ける
結婚生活なんて


はっきり言って・・・


異常だ。





私に与えてほしい・・。

変わらないものを受け入れる落ち着きを。
変えられるものを変える勇気を。

そして・・・

その2つを見分ける賢さを・・。




平安の祈りは
とても深い。



そろそろ、変えられる私の暮らしを
未来を・・・
変えるべき時期かもしれない。

結局

夫が債務整理をしようと思うと
司法書士の先生に「着手金」を
支払ってから受けてもらえます。


そのお金を私は
「家計が苦しいため、だせません」
と断りました。


そうなると、両親に言うと思いますので
どうしたらいいか、司法書士の先生に
相談しました。

すると、

「GAに行く事が条件でならかしてもいい」と
言ってもらったらいいとおもいます。
そう言われました。

そして、必ず本人に、その費用も返済させる事。



私は義母に伝えました。
かならず借用書と念書を書かせて欲しいと。
借用書は返済計画やそれが出来なかった時の
ペナルティもきちんと示して欲しい。
そして、GAに行きます、という
念書も書いてもらって欲しい。



結果。


平たく言うと、
「GAに行け!」と言い聞かせて、
普通にお金を貸した。


そのようになったのだと
後の義母との電話で感じました。


GAにいきなさいよ、と言って聞かせた。
その返事はなかった。
黙っているだけだった。
けど、言って聞かせた。

病院に行ってカウンセリングを受け
GAに行けと言われたら行きなさいよ。とも
言って聞かせた。
しかし、返事はなく、黙ってた。


そういう内容でした。
お金は義妹が貸したそうです。
お義母さんが出すと返さないだろうから、という
ことでした。

それって・・・借用書もとってないってことでは?
つまり。

なんだかんだ言って
ふつうにお金を
渡してるだけじゃない!!!






もう終わってますね。
終わりましたね。




義母と話していて疲れてきました。
長く喋って、正直もう
離婚しようと思いたい的なニュアンスを
強く醸し出した私。

それに対し、
「最後は離婚になりそうだと覚悟
 しなくてはいけないのかと思って」
と涙ぐむ義母。

「おとうさんも(義父の事)
 もう、○ちゃん(私の子供)と
 ○○ちゃん(私の事)は
 あきらめんといかんのかな」

と言っていた。。。と。



あきらめなくてはいけないと
嘆く前に・・・
その前に、しなくてはいけない事
あるんじゃないですか?

お願いしたのに。
依存症の勉強をしてほしいと。

それも真剣にせずに
「嫁も孫も離れていく」と
嘆く義父。


義父も夫も・・
もしかしたら義母も。


私がまだまだ頑張って
離婚を思いながらも、
絶対に離婚をしないとでも思っているのかしら。




なめるな。




私は確実に強くなった。
これからも
どんどん強くなる。



就職が決まったら
行動に移すかもしれない。



でももう夫の家族とは
深付き合いをしないでおきたい。


それがお互いのため。
そう思ったりしています。




とにかくお金を貯めます。
私がされてきたように
相手方をこれ以上ないというくらい
痛めつけて離婚したいという
よからぬ感情がわきました。

そんな事いけないこと。
自分を高め、
自分と子供が本当に幸せに
生きていけるよう
私くらいは心美しく
ありたいと思います。



ギャンブル依存症と性癖

とある質問が舞い込みました。


質問者様、ありがとう。



「性癖は何ですか?」
「依存症と関係はあるのでしょうか?」


すごく考えました。
彼も・・・依存症とはいえ。
そしてこのブログでも匿名性があるとはいえ。

何かのきっかけで
わかってしまう可能性が
なくもないので、
彼の人権に関わる事だとおもうので
公表できません。


しかし、ギャンブル依存症に悩みながら
夫の女性関係にも悩んでしまって
どうして次から次へと問題が起こるのかと
絶望を感じておられるご家族がおられたら
それは依存症がもたらす事かもしれないと
お伝えできるかもしれない。

また

その逆も。
そう思い、記事にする事にしました。





依存症との関連性は・・・
正直わかりません。

でも、以前依存症のセミナーを受けた時に言われた


「依存症の人が依存状態に
 強くはまっていると・・・
 性衝動もおきる。

 依存症本人は借金や毎日のように
 ギャンブルをして
 家族に迷惑をかけているのに、
 性衝動も起こってくるから夫婦間では
 相手の身体を求めることもあるそうです。

 相手は「そんな気分になれない」と拒否。
 すると、ますます家庭にひびが入る。」

そういう言葉を思い出しました。



夫は、その性衝動を、妻に求めずに
ほかに求めています。


色々あると思います。


それが「浮気」という形で現れるケース。
それが「妄想」という形で現れるケース。
それが「物欲」という形で現れるケース。
そして「犯罪」という形で現れるケース。



私は・・・



離婚を決意した時
その理由の一つとして
この事実を義両親に伝えるべきか
悩んでいます。



でも・・・義母には言うかな。
離婚に至った理由は
実はギャンブル依存だけではない。
ということ。
その内容を聞いたら
離婚しないでくれなんて
言われないと思いますから。



そんなことを考えているこのごろです。





☆もし核心についた質問に対して
 答えを求められるなら、
 ご連絡先を非公開でいただけると
 お答えできるかもしれませんので
 ご検討くださいね。
 今回も又コメントありがとうございました。
 うれしかったです。
 この問題も、やっぱり
 見て見ぬふりをしてはいけないんだと
 考えさせられました。

友達に言われました。

夫は・・・ギャンブルの問題だけではなく
性癖の部分でヤバイ趣味があるんです。


それを同級生に話すと・・


「早く離れた方がいい。
 子供になにかされてからでは遅いよ。
 もう、あかんとおもうで。
 早く別れ・・。」


そういわれました。



ギャンブルの問題には
目をつむっているわけではないけど
その部分に対しては、目をつむっている自分がいる。


背けてはいけないんですよね。





頑張って離婚資金を貯めて
就職頑張ります・・。



つぶやきでした・・。

今年の目標!

いやはや・・・


年始一発目の珍事件により、
初心表明をすっかり忘れていました!



今年はズバリ

「貯金」

です。笑
年間100万円はためたいけどなぁ・・

いつでも脱出できるよう
離婚資金を貯めようと思います。
それが離婚にならなければ
ただの資金になりますけど
我が家はいつ崩壊してもおかしくない
(あ!一般常識的にはもうすでに崩壊してますけど!笑)
家庭なので、いつでも脱出できるように
資金を貯めます。
そのためにはきちんと就職活動もしくは
営業活動しなくちゃ・・


その次!

精神面では夫といつでも
さよならできるように
心を強くする。
漠然としてるけど、
私って怒りだしたら次々
昔の事を思い出してさらに
煮えくりかえる事が多いので、
まず、怒って喧嘩にならないように
努力をしたいと思います。


年が明けてから、
まだ大きな喧嘩もしていませんし
言い合いにもなっていません。

言い合いにならなければ
変に乱される事もないわけだから
不満やうっぷんは
一旦ココで言葉に置き換えて
整理したいと思います。



今年の一年は、
夫がGAにつながるかどうか、という
一年になりそうですので
興味深い一年になりそう。




今年もどうなるかわかりませんが
おつきあいください。

どうか、私のように
夫や妻の子供の親のギャンブルに苦しむ家族が
一家族でも多くならないよう祈りつつ。。




ことしもよろしくおねがいします!





・・・という記事を1月12日に書いていました。



年頭挨拶を・・・と思っていた矢先
それよりも書いておかなければ!と
思う内容が多かったのでのびのびです。

このブログも自分の気持ちを整理するために
覚え書きとして、記録としてのこそうと思い
始めたもの。とても自分の感情を
整理するのに役に立っています。





こうやって続けてきて今思うのは、
私の好きな事、したい事と
夫の気持ちが完全にリンクしていないって
ことです。




完全にリンクしていないのに、
それを見て見ぬふりしてきたんですね。きっと。



私自身が可哀想すぎました。
いえ、私自身にとても失礼な事を
してきてしまったなぁ。

もうすぐジャスフォー・・・なのに。



でも、こうやってあきらめては
いけないなと思います。


「もう40歳」
ではなく
「まだ40歳!」


バツイチで再婚中の友達に


「離婚したら、また新しい人生が待ってる
 また新しい人生が送れるなんて、とてもいいやん!」


と言ってもらいました。
私の周りには、ホントに心強い
友達が沢山います。
ありがたい事です。

あれから

夫からは何も言われていません。




私は結婚指輪を
この間の大げんかから
はずしています。




なまはんかな気持ちで
「離婚」っていっているのではない。


と、自分に言い聞かせるため。



ずっと前にも
苦しくなって、指輪をはずした事がありましたが
そのときは、はずした瞬間に
こころがキューッとなって
1日でまた薬指に指輪をはめました。



今回はなんだか解放感!



気持ちの整理もついてきたんだな、と
客観的に思えました。

(ちなみに!この結婚指輪は
 私が二人分のお金を出しました。
 エンゲージリングを買ってくれたので
 もうお金ないですっていわれたので・・
 こんな事ならエンゲージ、あんなに
 高いのくれなくてよかったのに!)

(っていうか、今もう
 エンゲージリングお返ししようかしら。
 借金まみれで買ったエンゲージリングなんて
 いらないよね~・・・)


指輪をこのままはずしたままか。
再びはめようと思える日が来るか。




今はまだわかりません。



ただ、私が先に
カウンセリングに行って
洗いざらい状況を話して
夫をカウンセリングに誘おうと思います。


それくらいのコントロールは
許されますよね。
だって、
治療につながるかどうか、
依存症と認めるかどうかの
正念場なんだから・・・



司法書士の先生に相談しました。

「先生、夫の債務整理に
 かかる費用を家計から出して
 当然というような態度の夫に
 私はお金を出す気になれない。

 ギャマノンでも金銭的な
 サポートは厳禁とされていますよね?
 私がださないとすると
 義母に頼むと思ったので
 GAに行く事が条件でなら
 お金を出すと言ってくださいと
 お願いしたんですけど・・」


先生は、昨日の私からの電話の後、
本人から連絡が入って、
「3日くらい以内にお金を持って
 うかがいます」と
電話がありました・・・ので、
奥さんからの話とはまったく違うと感じました。

と、笑っておられました。
その条件をつきつけて、
本人が困ったら僕に相談するでしょうから
分割でも何でもできますから。

との返事をもらいました。

もちろん、GAに行く事が条件と
言ってもらっていいと思うし
もしそれで出しても
かならず本人に返済させてくださいね。

と言ってもらいました。



でも・・・
こういうと大変申し訳ないですけど、
ご本人さん、まだまだ
「底付き」を感じておられないですね。
ご本人はそんなにどっぷりスロットに
はまっていたわけでもないし、
最近は全然行っていないと言ってました。

それがウソなら、
「大否認」状態だと見受けられましたよ。


そこで、
今まで肩代わりしてもらい、義母に借りた金額200万。
そして、ギャマノンに通う前は月に
15万円ほど彼に持って行かれていたというと

え~~!!!

とビックリされていました。
肩代わりして本人さん、
困ってないし、今回もそんなに困ってないでしょうから。
で、今回困ってなくてまた・・ということになると
次はもっとタチの悪いところに手を出すでしょうから
そのときに本当に困るという状況に陥るのかもしれませんね。

という事でした。



その後義母から連絡があり
お金を貸して欲しいと
連絡があったよ。と報告を受けました。

GAに行く事が条件。

というと

「俺はそうじゃない!」

と言ったそうです。
義母には再度連絡があったら
あくまでもGAに行く事が条件と突っぱねてくれ、と
お願いしましたが、義父は
あんまり追いつめてもいけない、と
言ったそうです。

追いつめられて本当に困らないと
本人の底付きにつながりません。

お父さんに何度もお願いしたはず。
でも、お父さんがそういう態度を
とってしまうなら、残念ですが、
もうつき合いきれないです。

と義母には伝えました。



どうなるでしょうか。


今夜か、明日くらい・・・
嵐の予感です。笑

夫が勝手に・・

何も聞いていませんでしたが
夫は仕事の帰りに


いちょうの会に連絡をして、
司法書士の先生のところに出向き、
色々な説明を受けてかえってきました。



「お金6万いるけどある?
 なければ分割3万ずつでいいらしい」



なにそれ。
家計からなぜ出さなくてはいけないのでしょう。

それに、勝手に自分だけで行動して、
お金だけは家計からださせるのですか?
今までの鬱憤がまたでてしまいました。


私が同席してほしくない理由でもあるのか?


との問に、


 
「おまえがすぐ
 横やりを入れる
 からやんけ!」




金は出しても
口は出すな、という事ですね。

GA、GAと言い過ぎなのかもしれないけど、
本人のために、本人の病気のために
正面から向き合っている事が、
この依存症者には、
「横やり」としか
とらえられないのです。



病気とわかっていても、
頭がおかしいとわかっていても・・・



かちんと来ました。



態度が悪すぎる。
お金を出して欲しいなら
それなりの頼み方があるはず。


色々思っている事を言うと
「もう、ええわ!」

と、部屋にこもってしまいました。




義母に借りるにしても、
GAに行くなら貸してもいいと
条件付きならお金を貸す、と
義母に言ってもらおうかな。
ということで、
義母にはちょっとだけ話をしました。
それが私からの差し金と
突っ込まれても、
そうじゃないと言って欲しいとも。


これがコントロールという事なんだろうか。
しかし、この「パンク」というチャンス。
やるべき事をやって、
ダメならもうスパッとあきらめもつきます。
私は充分頑張った。


依存症を知り、
依存症を識り。
依存症者に対して無力を痛感し、
そして依存症者が困った時に
お金での支援ではなく
立ち直りのための支援をする。



それを、横やりと。
それを、おまえの筋書き通りに動かされると
いわれます。





この依存症者から
次に話があるまで
私からこの話を振る事は
しないでおきたいと思います。



今後、夫=依存症者と
表記しようかと思います。




司法書士の先生にも
ちょっと相談しようと思います。
家族がその費用を
用立ててもよいかどうか・・。

その司法書士の先生は
ギャマノンやGAに顔を出してくださっている
先生ですから、私の言っている事は
理解してくださるはずです。

酔っぱらっているとはいえ。

昨日、夜の10時半くらいに
友達と飲んでいる夫から電話があって

今から子供を連れて
その友達の家においでよ・・

と電話がありました。



その友達の家の近所にいたことを
夫は知っていて
近いから寄ったら?という
事だったのでしょうね。

しかし、

2時間ほど前にはその場所を離れ
子供をお風呂に入れて、
夫の弁当を作って、さぁこれから
床に入って子供といろいろ遊びながら
寝かそうと思っていた時だったので

そういう状態だからもう
いまさらいけないよ、
と言いました。



そしたら



友達に電話を代わられて
友達からも
「そこを何とか是非!おいで。
 子供さんが見たいんだ」
といわれました・・



はぁ・・ちょっとむつかしいですね・・
とやんわり・・断りましたが


その後夫と代わってもらい
無理だと伝えましたが・・



ヨッパライとはいえ、
その友達は、育児を2人してきた
家族なのです。
嫁も会いたがっている・・と
言うのはリップサービスだったとしても
非常識、という事くらい
わかりそうなものですが。



まぁ、同じ依存症と思われる友達なので
非常識、という感覚は通用しないかも
しれないですけどね。

それ以前にヨッパライなので
責めたりはしません。


でもねー。



ちょっと笑ってしまいましたよ。




もうこうなったら
夫の周り何もかも呆れまくりですよ。笑



明けましておめでとうございます。

2010年。


nickey家では、あきれ果てるような
一悶着がありましたよっ! 笑


2009年の12月に債務整理、という
選択をした夫。

私がいちょうの会に連れて行き、
あれこれと手を出しまくるので・・

ついにブチ怒られたので、
「自分で管理してください!」と
小遣いの5万円をバーンと手渡し、
もうお金の事であれこれ口出しをするのは
やめにしようと思いました。

(その直前に司法書士の先生に
 手続きをとっている間請求がとまるので
 その間にお金を少し貯めておけるでしょう?
 それを返済の頭金にするといいですね。

 。。。っと言われていましたが
 できるかい!と内心突っ込んでおりました。
 これができれば依存症じゃないんだろうけどね
 っと笑ってしまうnickey家の一悶着です。)



(でもクリニックには行ってもらいますが!)


で、新年は夫の実家に行きました。

まぁ穏やかに過ごしていたんです。
で、債務整理になったことは
義両親も知っているのですが、
この期に及んで義父はまだ
「おまえら(義母と私)は依存症ときめつけて
 あいつ(夫)がかわいそうじゃ」的な
発言を、私のいないところで
していたようなのですが・・

(これも、義父が本人が依存症だと
 認めざるを得ない一悶着だったんですけどね!笑)



その次の日、お昼過ぎてから夫が
バッティングセンターとサウナに行ってくる、
といい、ふらっと外出しました。
義母が初詣にいこう、と言っていたので
どうするか聞くと、
「また電話入れるわ」とのこと。

うんともすんとも言わないので
義母と私と子供で外出準備をしていると、
夫から電話がかかってきました。

「何?」というと

「終わったから電話したんやんけ!」

と、なぜか超不機嫌。
ムカッとしましたが、
初詣の場所を伝え、来れたら来たら?と
誘ったて「わかった」と言ったけど・・

私たちがお参りし、
おみくじも楽しんでお守りも購入し、
境内を散策してかえる頃になっても現れず。

私たちは晩ご飯の食材を買いに
スーパーに寄ってかえりました。
そのとき夫に電話をし、夕飯のメニューと具材を
伝えました。(お好み焼き・牡蠣&キムチ味☆美味!)

「おぉ!ええやん!」

・・・それだけでした。電話。
それだけを聞くと、
夕飯にはかえってくるかな、と思うでしょう。


夫は見事帰ってきませんでした。
いつまでたってもかえってきません。
お好み焼きを食べ終わる間、
義父は夫の事を「まだか、まだか」と
言っていましたが・・

食べ終わり、風呂に入り、
そろそろ寝ようかという頃に


「・・・ごめん・・・」

と言ってかえってきました。




私は無視。

義母はあきれ果てながら
小声で「おまえはあかん。GAに行きなさい」
とぶつぶつ言っています。
義母は、完全にスロットに行ったと思ったのでしょう。
まぁ、時間帯から言えば完全にスロットだとは
思いますが、本人には聞きませんでした。


私にもごめんと言ったので、
一言私は言いました。

「あなたの実家だから、甘えてもいい事かもしれないけど
 こういうのは私はとても非常識な事だとおもうよ」

それだけにしました。
それ以上言っても仕方がないですし。

神妙な顔をしてましたが・・
反省なんて、これっぽっちも
していないんだろうな、と思います。



そのころ、もうすでに床についていた
義父が起きてきて、
「おまえは病気だ! 
  ちょっとは嫁や子供の事を考えろ!」
など夫に苦言を呈しましたが

そのあと・・

「ほれ、○○(夫)に
 お好み焼きを焼いてやれ」

と義母に言ったんです。


はぁ!!!???


笑いました。
食事の時間に帰ってこないのに
なぜ、母が、嫁が、女が
食事の準備をまた新たにしなくては
いけないのでしょうか???


「いいです、自分で焼いてもらいます。」


私は義父に言いましたが、
夫にも呆れましたが
義父にも呆れましたよ。




そういう家庭なのですよ。
義父がそういう考えを
あらためてもらわない限り、
夫は回復につながらないと思います。

これは、私が義父に直々に
ギャンブル依存症の勉強をして欲しいとお願いに
上がった時にもやんわりと伝えた事でした。


残念な義父と、残念な夫。
かわいそうな義母です。



私はもう知りませーん!笑

強くなったもんだ。笑

Extra

訪問ありがとう

あなたは・・・
人目のお客様です☆

私ってこんな人

n

Author:n
書き始めた頃30代後半でした。
現在40代前半になっています。
娘一人。
夫と5ヶ月の別居を経て現在同居中。
夫と出会い、結婚してから
ギャンブルに「はまる」とは
どういう事かが解りました☆
 

最近の記録

あんな事言ってたっけ?

最近のトラックバック

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

友達になってください

この人とブロともになる

お友達です♪

A's room
  by "A"
キボウノヒカリ
  by "hikaripika"
笑顔に向かって・・・
  by "のん"
スロット依存症からの離脱 2013年230万返済へ ~ slots addiction ~
  by "aptw"
30代ママの自分磨き
  by "kagami"