Entries

年の瀬

私もカウンセリングに行く。

それで

あなたもカウンセリングに

行って欲しいと思ってる。




そうメールしましたが
返信なし。



依存症の人って
メール受け取っても
返信しないのね☆笑




今、隣の夫の部屋から
「戦国無双」の音とコインのじゃらじゃらが
聞こえます。



部屋にはスロットの実機
5台。



これを依存症と呼ばずに
なんと呼ぶのでしょう。



小さい子供がいてるのに



夫の部屋には入ってはダメ!と
言い聞かせているけれど
スロットが家にあるのは
普通の家庭の情景では
ありませんよね・・。



さぁ、準備開始です。



頑張ります。



来年は
確実に脱出できる資金を貯める事。
そして
軽く脱出できる心境を作り上げたいと思います!



この一年
いろいろありました。
なかなか記事にはできなかったけど
それでもコメントをくださった
全ての方に元気をもらい
勇気をもらい。

そして、私らしく
生きていくために
背中を押してもらったと感じます。


同じ立場の家族の方
克服しようと頑張っておられる元依存症の方
立場は違うけど
見ているところは同じ。


本当にありがとう。


来年、もっと
いい年になりますように。

そして

いい年に、していきたいと思います。



良いお年を・・・
スポンサーサイト

多重債務の記事は私の妄想だったのか?

昨日、些細な事から
また大げんかに発展しました。


私も焦りすぎてた感じがあるのかもしれないけど、
債務整理になるってのに、
私に対して誠意ある態度で
謝ったり感謝を述べたり一切ありませんでした。

それもイライラさせる原因の
ひとつで、鬱憤が溜まっていたんです。

けれど、いちょうの会の入会金も
私が払って当然?
いちょうの会に行っている間の
駐車料金も私が当然はらうべきものなの?


そういう些細な事の積み重ねで
大変失礼な人だな、と
思うんですよね。


それで、GAにつながり続けて、
みたいな話になって、
昨日の一言です。

GAに行くなんて、
言っていないと。
おまえ、都合のいいように
解釈しすぎ!
おまえの考え通りに
俺は動かなくちゃいけないんか!!??


と。


先生に何度も
「GAに行きますね?」と
念を押されていたのは
私の妄想だったというのでしょうか。


あきれ果てます。


あげく、もう次から
ついてくるな!


と言われました。



私がGAにつなげようと
必死でコントロールしていたのが
嫌だったんでしょうね。


コントロールたしかに
してしまっていましたが、
GAにつながらなければ
離婚という心の内を伝えました。

今までに肩代わりをした
謝金も返してもらう、
子供は連れて行く。

そう伝えました。



夫の田舎にも、もう
未練はありません。



子供を育て、
ゆっくり出来る時に
田舎暮らしを考えればいい事だと思いました。




まぁ、離婚をするにしても
1回くらいは
カウンセリングに行ってもらい、
自分が依存症の末期である事
ビシッと病院に言ってもらってから
見捨てようかな、とおもいます。


離婚



しようと思います。



GAになんて、つながらない!
そんな事言った覚えがない!!!
約束していない!



そう言いました。



とりあえず
今の気持ちです。

クレサラ被害者の会 4

夫と先生のやりとりを聞いていて、
また、夫とその後喋りながら
以前、依存症セミナーを受けに行った
時の事を思い出しました。

依存症は、シロかクロか。
重度、軽度はない。
依存症か依存症でないか、
どちらかなのだということ。

そして、依存症のWHO定義はーーーーー
明白に有害な結果が生じているという
証拠があるにもかかわらず、
物質の使用や行動をつづけ、
さらに状況を悪化させ
身体的、社会的破綻を来す状態

です。

nickey家の夫の状態はーーーーー
別居や信頼の失墜(私からの)という
明白に有害な結果が
生じているのにもかかわらず
スロットでの借金を続け、
さらに状況を悪化させ
社会的破綻=債務整理を来す状態

にあるのです。
これを依存症とよばずして何と呼びますか?


しかし、GAに行く事を
渋々ながら承知した夫。
小さな一歩でも大きな一歩です。
私にはとてもとても嬉しい返事でした。


それで、また研修会というものに参加。
つぎの日曜も、またここで
色々な説明を受ける事になるのです。

その後、また先生との相談会にて
相談をします。
もらった様々な書類の中にA4用紙3枚分くらいの
「反省文」を書く項目がありました。



家計もふりわけをして、
月々いくらなら返済にまわせるか
計算をしてこなくてはいけません。

「俺、わからんから、やってな。。」

と言われましたが、
一緒にやろうね、と言っておきました。
ここで私任せにすると
自分の家計の内訳を、知る事もないのです。
私が何とかやりくりしてくれていて
たたけばいくらでもお金が降ってわいてくる
そう思ってもらっては困る。

私のギャラが半減している今、
家計は赤字が続いたりしています。
その分貯金に回せない状況で
返済に充てるのは家計から、では
苦しすぎます。本来なら
夫の小遣い5万円も多いくらいです。
基本3万でやって欲しかったですよ!

しかし、ここからが問題。
これも夫婦で少し話をしたんですが・・・

「月々の返済額が決まって、
 あとの残り、小遣い一ヶ月
 どれくらいあったらやっていけるのか、が
 問題だと思ってる。」

の投げかけに、夫はのんきに

「そこが問題なんだよなぁぁ~~・・!」

って!!
そこで私はすかさず
「月々これくらいでやってくださいと言って
 出来なかったから私は月に15万円もあなたに渡してた。
 これからそんな事は出来ないし、やってもらわなくては
 困る。毎日弁当も持って行って、1日千円も
 小遣いが必要なのか?とも思う。
 来年から月に3万ほど幼稚園費用もかかってくる。
 もっとお金を、といわれても出来ないから・・」

と言っておきました。
だからこそ、もう少し家賃の低いところに
引っ越しも考えたいけど・・とも。

まぁきつく言わなかったからか、
夫はそうだよなぁ。みたいな感じで
うなずいていたけれど・・。


GAより、まずは、
カウンセリングに行ってもらおうかな。
そう思いました。




「カウンセリングに一緒に行ってみないか?」

そう誘うと、
「カウンセリングくらいなら、受けてもいい」


それだけでも充分です。
一度一緒に行こうと思います。
私がセミナーを受けた先生がいる
あのクリニックへ。



で、別居状態に突入してから
電話でしか話した事がなく、
別居を解消しても、そのお礼の電話をいれるでもなく
放置していたうちの実家、私の両親にも
一度、経緯と状況そして今後を話に
行って欲しいと思ってる事を伝えました。


「出直します、と言い、
 実に2年。
 その2年の間、うちの両親は、
 あなたからの「返事」を待っている。
 何も言ってこないけど、
 解決したと思っていない。
 この2年は、何にも考えずに
 過ごした2年ではない。
 
 来年には七五三もある。
 そのときに、両親と普通に会えるように
 なっていてほしい。

 私があなたの両親を、自分の両親と思うのと
 同じように、あなたとは血がつながっていないけど
 私の両親も、あなたの親にはかわりないと思うから。

 見てて欲しい、といったけど、
 債務整理という事になって申し訳なかった。
 これからまじめに頑張るから見ていて欲しい、と
 今すぐでなくてもいい。あなたの気持ちの整理が
 ついたら、出向いて欲しいと私は思う。」


黙って聞いていました。
少しだけ、首を・・こくんと
動かしたように見えました。


あんまり何もかもを
一気に言うと逆効果になるのかも。
そう思いました。
そういうことも、まずはカウンセリングに
いってから、かな。


この日は疲れたので
ビールを飲みました。
来年は、本当においしいと思えるビールが
のみたい。

気持ち沈んでいる時のビールは
なんとなくスカッとしませんからね。



続く。

クレサラ被害者の会 3

沈黙していた夫。
身体もなんとなくもじもじ
しています。

「でも、僕は
 GAが何かも知らないし、
 でも依存症といわれると、
 僕はそうではないと思うから・・」

「そうですか。
 しかしね、ギャンブルが原因で、
 こうやって周りに迷惑をかけることに
 なっていますね。

 これだけ周りに迷惑をかけて
 (ここで周りということが妻ということを
  さとすように私を示してくださいました)
 ご家族が・・・今なら
 今なら、といってはアレか・・笑

 でもご家族がそう思っておられるなら
 GAに行くというのが条件で、
 次のステップに進めるということに
 なるとおもいますよ。
 行きますか? GA??」



しばらくの沈黙。
その後、夫は・・・



「はい」と言いました。
そして、覚悟を決めたのか間をおかず、続けて
力強く「ハイ、行きます」と言ってくれました。



よかった・・・
一つ、クリアしました。


その続きに司法書士の先生は
「GAがどういうところかわからないなら
 行ってみて、自分とはちがうな、と
 感じて、それで、GAに行かずに
 この先ずっとスロットがやめられるなら
 行かなくなっても、いいんじゃないかと
 思うんです。自分は依存症ではない、と思って
 それでもずっとスロットをせずに
 やめられるのなら、それはそれで
 とてもいい事だと思うし・・。

 で、GAには行ってもらえますね?」


また念を押してくれました。

その返事は「ハイ」






よかった・・・
一つ、クリアしました。
しかし、先生の最後の付け加え。
心の中で
「先生、甘いっ!!!」
っと、叫んでしまいました。笑

でも、ふっと思いました。
そこでまた、頭ごなしに
必ずいけ!いけ!いけーー!
っと言うのも案外逆効果で、
「行ってみて違うと思えば
 やめればいいから」
という「逃げ」をどこかに作って
あげる事で、本人も
少しは気持ちが楽になるのかも
しれないなぁと思いました・・。

まっ、しかし、
病院でカウンセリングを
受けてみて、
GAに続けて行かなくてはいけないと
いわれたらその通りにしてもらいますけど!!!




あとは、来週の研修会に参加義務があるとのことで
その説明を受け、1ヶ月の家計の内訳作成書類、
反省文、状況記入資料など
たくさんの資料をもらってかえる事になりました。



帰り道。


「あの先生、GAっていってたなぁ。
 なんでみんなそうやっていうんや。
 おれは、そうじゃない。
 自分でやめられるし
 俺から見て、こいつ依存症やなって
 思うやつなんてホールに何人かいる。
 それとは確実に違うと思う。」


と言ってました。
曖昧な部分です。
自分はセミプロだと言いたいんでしょうね。

私は心の中で

「依存症は白か、黒か。
 ゼロか、イチか。
 なっていないか、なっているか。
 そんなに甘くない!」

と思いつつ、
反論するのをグッとこらえました。

でもこれだけは言いました。

「気持ちはわかる。
 けれど、セミプロというのなら
 勝たなければ意味がない。
 あなたは結局負けて借金が
 払えなくなってしまって
 こういう状況になってしまったんだから
 違うと思うよ。。。」


色々と思いました。
そこで、私は今まで勉強してきた事を
思い出しながら家路につきました・・・。




続く。

クレサラ被害者の会 2

夫は一応今のところ
全ての債務をはき出したようです。


さてこれから
どういう整理ができるのか
説明、というところで、
破産はしなくてもいいと思う。

任意整理ということで司法書士に
任せてやってもらうか、
自分自身で最初からやる特定調停で
どうですか?


と、すすめられました。

司法書士の先生は、
過払い利息の計算などを
自分自身でやって、
大変さを身にしみてもらったほうが
いいかもしれないですね、と
言われました。

しかし、問題はその原因。

「その原因はやっぱりギャンブル?」

の質問に、

「ええ、だいたいそうです。」と答えた夫。

他に何に使ったというのか?
生活費(自分の煙草や酒、飲み代など)だと
するならば、月々5万円渡していた
のは何に使ったと?

まずそれをスロットに使い込み、
足りないから借りて・・という
使い方なら、まちがいなく
理由はギャンブルだと思うのに。


「スロットが原因なら、
 GAに一度行ってはどうでしょう?」

と言ってもらいました。


夫は押し黙って首をかしげています。
あまりにもうーん、と
言葉を発しないので、


「どちらにせよ任意整理にするも
 特定調停にするも、
 月々、いくらくらいまでなら
 返済に回せるのか、など、
 返済可能であることが大前提です。
 できますか?」

との問いに、
うやむやな夫。


夫の小遣い以外の家計は私が
管理しているので、
わからないという事だったのでしょう。
先生も夫も私をみました。

そこで私は口を開きました。


来年から幼稚園だし家計が大変なのは
大変。しかし、がんばって
ここで返済をしつづけて、
ブラックリストからはずれた時
また同じ事になってはどうしよう、と考える。
ぜひこの機会にGAなどにも足を運んで
もらい、ほったらかしのうちの
両親にも事情を説明に行ってもらえるなら
バックアップしたい、という事を伝えると、


「そうですね。
 今ならまだご家族もサポートしてくれますよ。
 司法書士に頼むにしろ、
 GAに行く事が条件、という事に
 なりそうですね。いかがですか?」

夫は・・・


しばらく沈黙していました・・。



続きます。

クレサラ被害者の会 1

行ってきました。


司法書士の先生が対応してくださいました。


夫は促されるまま
現在の債務状況や多重債務に陥った
経緯、原因を用紙に記入していきました。


部屋中に
「ヤミ金」「消費者金融」などの
文字が大きく印刷された
プリントが貼ってあります。


すごく穏やかな司法書士の先生です。


最初にどこから借りているか
いくらくらいあるか、というところで

「本当に、これだけ?」

と何回も念を押されました。


たいていの人は、ここで
なぜか、隠したがるもので・・と
優しくわらっておられます。

夫は現在のものを正直に書いたようですが

あとで話をすすめるうちに
私から
完済したもう一社のことを
話しました。


「ほらぁ~!
 まだ忘れているもの、ありませんか? 笑」

夫は完全に忘れていたようです。


たいてい、ギャンブルが原因などで
多重債務に陥る人は、
消費者金融の大手5社くらいとは
おつきあいをしてきたという方の方が
多いですからね。。と苦笑い。


そのときは、23万くらいで
返済が滞り、催告書が送られてきた事。
その返済は、スロットで20万くらい
勝ったので返せてしまった事をいいました。

簡単に借りて、簡単に返して。
返しに行ったのも私だったから
あんまり覚えていなかったのでしょうね。


「こういったら皆さん
 喜ばれますが、
 借りていた会社が多ければ多いほど
 かえってくるお金も
 増えますから・・」

と。たたいてホコリを出そうと
してくれます。


夫はもう、ありません、と
言っていました。





長くなるのでつづきます・・。

ふと思いました。

同級生の男子で、
バツイチの人がいます。


その人は、嫁が子供を連れて
決定的理由もわからないまま
別居になり、ついに離婚しました。

自分としては何がなんだか
わからないので離婚などできないと
言っていたら、調停に持ち込まれたようです。

彼は一生懸命勉強して、
弁護士さんがするべきことを
すべて自分でやったそうです。


その人に私の身の上も
少し相談したりしました。


何かあったら、相談に乗るで。
調停になったら、
やるべき事、ちゃんと
教えたるからな。


そういってくれた彼。
彼は同級生で同じクラブ。
何でも包み隠さず喋る事が出来る人のひとりです。
思えば私は、同級生のこのクラブの
メンバーには何も隠さずに言える。

ありがたい存在の、メンバーです。



で、その人に、今の夫の現状を
伝えました。もちろん、
要所要所で力になってくれている
感謝も・・・。


でも、彼は依存症がどういうものか、
知りませんでした。


あぁ、こういう事を知らない人も
沢山いる。
むしろ、知らない方が、多いんだよな。
と思いました。



もし、離婚する事になったら、
そういう世界を知らない人がほとんどの世界で
心穏やかに過ごせるのかもしれないな。。。

ふと、そう思ったりしました。



知っておくことに超した事はないけれど、
知らなくてうまくいくのなら、
知らない方が、いい世界ですね。

離婚して、開ける事の方が多いのかも
しれない。そう思った深夜でした・・。笑


では、また!

ギャマノン

久しぶりにギャマノンで話をしました。

色々喋って、
夫がパンクして
是非GAにつながって欲しいと思うことなど
言ったんですが、
いままでの2年間のたくさんの思いが
走馬燈のように胸の内を駆けめぐり、
泣いてしまいました。


だって、つらかったんだもん。
だって、苦しかったんだもん。


GAや医療機関につながるかもしれない
チャンスがやっと巡ってきたんだもん。


でも、夫がある問題を
起こしていた事を
ギャマノンの世話人に
相談した事があるので
事情を知っているその人は
今回も


「でもな、悪いけど、
 ご主人ギャンブルだけじゃないでしょ?
 ギャンブルをやめなくてはいけないとなると
 そっち(夫が起こした問題の性癖の部分)に
 シフトする事も大いに考えられる。
 病院にいって軌道修正する、というレベルでは
 もう、ないような気がするで。
 又絶対次がある。
 子供さんのためにも
 別れるべきだと私は思うで。」


と言われました。
頭ではわかっています。
別れた方がいい。


あともう一歩で
心からそう思える日がくるような
気がするんです。


すべて、この問題が
どうなるか、すべて
完了してから
決断したいと思います。


さぁ~。
離婚を選ぶとするならば、
夫を潔く捨てる事ができるように
年末に向けて
大掃除をしてものを減らしマース!


小さいものも捨てられないのに
心や感情のある大の大人を
捨てられるわけありませんね。
たとえ話が通じない異次元の人だとしても。。。。


ではまた!

そして・・

夜に

「なぁ・・・ガソリン代ないんやけど・・」


私は彼に言いました。

知ってます。
お義母さんから聞きました。

私から
「お金ないんだって??」なんて
聞きたくなかったから
黙っていた。

お義父さんが
都合をつけてやれ、といったそうだが
断ってもらった。
本人のためにならないといって。


そういう言いにくい事でも
きちんと自分から
言わなくちゃ、いけないんじゃない?


そういいました・・。


・・・まるで小学生を諭しているようです・・。


しかし、本人からは
ありがとう、という
言葉がありました。



本人はなかなか
眠れない夜を過ごしているの
かもしれないですが・・・


私もです。


実にこの数日で
眠りは浅くなるし
口内炎はできるし。



実際、予感して、
身構えていたので、衝撃っていうほど
ではありませんでしたが
確実に軽くストレスになっているんでしょう。


次の日曜日、ギャマノンに行って
ちょっとすっきりしてこようって
思ってます!



ではまた!

義母から・・・

朝、電話がありました。


「あの子から電話があって・・・

 ガソリン代もない。というのよ。」


まず、私に言ったらどうなんだ!!!


で、

「おとうさん(義父の事)が、
 都合をつけてやれと言うのよ・・・」


お義母さんはわかってくれています。
義父に、それはしてはいけない事。
と言ってくれたそうです。


私は別居を解消して
自宅に戻る時に、直々に
お義父さんには
「ギャンブル依存症の人への
 正しい付き合い方を勉強して欲しい」
とお願いにあがりました。


2年経った今、なにかアクションを
起こしてくれたのは最初の
1~2ヶ月だけだったように思います。
それからは、義父が真剣に依存症について
勉強してくれているとは
さらさら感じられません。


それについては
凄く残念だと思います。


今回本人が医療機関につながらなければ
離婚を、という自分の気持ちは
本人だけではなく
義父ともこれから先やっていけるか
という問題も、考えての事です。


義母とはやっていけるけど
義父とはやっていけそうにない。



そんな事を思った朝でした。



とにかく、本人のゆうちょ口座に7千円ほど
残金があるので
それを渡そうとは思いますが
あくまでも私に自分の口から
「お金前借りできるか?」という
一言があってからの話。




こちらが先回りして
「お金ないんでしょう?」と
言ってしまうと
「助かった!」と
思うに決まっています。



決して私から
お金の心配をもちかけないように
したいと思います。


最近記事を書く事が多い。
嬉しいやら寂しいやら。


でも、こうやって記事にすると、
自分の気持ちが落ち着くし、
考えも整理できるのでとても
いいです!


きっと明日もまた記事を書く事になるでしょう。
この前借り云々で・・笑



では!

昨日の夜は・・・

夫・・・

「昨日の夜はあんまり眠れなかった」


その前もその前も
眠りが浅いようです。



へん!
あったりまえだろ!


これから自分がどういう立場に
たたされるのか、
目の当たりにするんだろうから。




せいぜい不安におののいておけ。


・・・っでも、覚悟は決まったとは言え
私がのほほーーんと楽しそうに
暮らしていては本人も楽観視するのかも。
とか色々考えたりしちゃいます。




まぁ、なるようにしかならないし
相談に行くまでに、自分が自分のためにできること、
やっておこうと思います!!



2年前の冬。
涙にくれて
別居を決意しました。


その冬は、寒さが心にまでしみました。
別居は寒い季節にするもんじゃない、と
思いました。


1年前の冬。
一年たって、私はギャマノンに
つながったおかげでずいぶん楽に
過ごしました。


このまま、緩やかな
時の流れをいつまで感じる事が
できるだろうか。と
ふと別居時代のつらい時代を考えたりしていました。


そして

今年の冬。
子供もずいぶん大きくなり、
意思の疎通が出来てきて、
でも、その反面夫の言動が
悪影響にならないだろうか、と心配もしつつ
そろそろ近づくであろう
夫パンクの日(借金が払えない状態)を
予感して独立できる準備を始めた矢先の
「債務整理がしたい」の相談。


実に、2年の月日を要しました。ここまで・・・
夫は何を思い、何を信じて
過ごしていたんだろう。

やめるにやめられない状態。
やめたいと思っているのにやめられないギャンブル。

そのなれの果てが
「債務整理」


どう感じているのでしょう。
すべて、クレサラ被害の会に相談してから
夫婦での話し合いを持とうと思います。


そして・・・

翌日、私が色々と聞きたかったので
いちょうの会に電話を入れました。


本人が出向くようにできるか?
出来るだけ早くこられるか?


と聞かれました。
もちろん本人を連れて行く。


で、もうひとつのカードの
期限までに伺えないが・・・


の質問に、


「義理で、ご主人にお金を渡してはいけませんよ。」


とスパッと言われました。
ギャマノンに行っていたので
それはしません。

続いてこういわれました。


「借金がたくさんあり過ぎて
 支払えません。
 いちょうの会に相談して
 返済方法を決めたいと思うので
 決まったらこちらから
 電話します」

と、言って、とにかく払えない旨を
本人に電話してもらってください。
とのことでした。


再来週、予約をしました。


そして最大級に気になっている事。

「GAに行った方がいい」

それを言ってもらえるのだろうかという事。

もちろん、パンフレットや説明もしますよ、
との事でした。



果たしてつながるのでしょうか。
債務整理をするとなったら
いよいよ観念するのでしょうか。





夫に消費者金融会社に電話を入れたらいいと
いわれたよ、いちょうの会に
20日来てくださいと言われたよ、と伝えると・・・





「小言いわれるんやろうな・・・」




とのたまっておりましたよ!
小言!!!!

こ・ご・と!!!!???




小言・・・なんか勘違いしていないか??


ちょっと笑ってしまいました。
そんなくらいですむとでもおもってるのか!!??



やっぱり依存症の考える回路は
理解不可能です。



では、また・・。

大きな変化

取り急ぎ、記事にしておこうと思います。

昨晩夫から相談がありました。


「カードを作っていたけど
 貸し出し停止になった。
 二枚カードをもっているが、
 自転車操業で、一枚のカードから
 借りられないから
 次の期限にまにあわない。
 
 債務整理、しようかと思うから
 手伝って欲しい。」

内容はそんな感じでした。
ついにきました。

全部知っていた。
ここでGAや医療期間につながらなければ
離婚をしようとおもっている。
あなたのためにならないから
また、不安定な給料のため
この不景気で銀行の残高は-のため
期限までにお金を渡す事は出来ない。

しかし、ギャマノンで教えてもらった
クレサラ被害者の会「いちょうの会」に
相談してみる事はできる。

離婚を選ぶか、
出来る事は少しずつでもやってみたいか
どっち??

と聞いたら

少しでも頑張りたいと思う・・・


と力なく答えていました。



進展・・・。


いちょうの会にまずつながって、
一度でもGAにつながって欲しい。



それが家族の・・そして
何より本人の幸せにつながると思うから。



そんな事がありました。
本日からちょっと依存症関連に
意識を持っていく日が続きそう。


頑張ります。
また報告しますね・・。


最近

夫がスロットに行っていません。

なぜか日曜に家にいる事が多いです。




カードの限度額が迫っている、
というのもあるんでしょう。
前に他のカードに申請をしたら、
審査が降りなかった。
それがあるから、もう限度額を
超してしまうとどこからも
お金が借りられない。
という事、自分でわかっているからでしょう。

今現在しめて150万くらいの借金をつくっているようです。


私にはかんけいありません。
困った時にはそりゃ、
GAやクレサラ被害者の会やらの
連絡先は渡そうと思います。
もちろん依存症の病院も。

それでどこにもつながらなければ
そこで ジ・エンド。

どうなるかな。



で、日曜に家にいる事が多いので
日曜大工を手伝ってもらったり
郊外の「道の駅」へドライブにつれていってもらったり。
夫の実家に遊びにいったり。


自然とふれあう機会が増えるのは
とても嬉しい事だと思います。




でもこの前
「最近スロット行ってないね」
ってちらっと聞いてみたら
「ルパンがでるまで、もういかへん。」





・・・・・・呆





やっぱり頭の中は
スロットの事でいっぱいのようです。



新年まであと一ヶ月。
不安定なnickey家はまだまだ
爽快な新年を迎える事ができそうに
ありませんですなぁ~~







よかったら、クリックにご協力くださいね。
FC2 Blog Ranking
別居・依存症 Ranking

☆迷惑コメント対策で禁止ワードを設定しています。
 どうしてもコメントが書けない!という方は、
 URLを書いてくださっていますか?その場合、
 最後のスラッシュをとってみてください。



Extra

訪問ありがとう

あなたは・・・
人目のお客様です☆

私ってこんな人

n

Author:n
書き始めた頃30代後半でした。
現在40代前半になっています。
娘一人。
夫と5ヶ月の別居を経て現在同居中。
夫と出会い、結婚してから
ギャンブルに「はまる」とは
どういう事かが解りました☆
 

最近の記録

あんな事言ってたっけ?

最近のトラックバック

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

友達になってください

この人とブロともになる

お友達です♪

A's room
  by "A"
キボウノヒカリ
  by "hikaripika"
笑顔に向かって・・・
  by "のん"
スロット依存症からの離脱 2013年230万返済へ ~ slots addiction ~
  by "aptw"
30代ママの自分磨き
  by "kagami"