Entries

別居解消への道 6

う~ん・・・
仕事&育児に時間をとられ、なかなか更新できませんでした!

心へこたれているってことはありません!
ご心配かけます~~☆


さて・・・本題に戻って・・・。

離婚カウンセリングを受ける前に、
インターネットでこちらのリンクにもある
「ギャンブラーの妻として」というあいさんのブログを知りました。

あいさんが書かれていたのは・・・
まさに同じことで悩む妻の立場で書かれたブログでした。
3日くらいかけて、夜な夜な
全部読ませて頂きました。
涙が流れました。
夫といっしょだ・・・。

あいさんのブログには、私がまだ知り得ていない事がたくさん書いてありました。
まさに目から鱗でした。
いても立ってもいられませんでした。

自分の夫はギャンブル依存症なのかもしれない。

↑まだこのとき「~なのかもしれない」という
もしも話でかんがえていますね。
確証が持てなかったのです。

夫は・・・
「スロットのセミプロ」っていう感覚だったと思います。
セミプロだから勝てないこともある。
セミプロだからスロットをする回数が一般人に比べて多いだけ。
セミプロだからデータをとるために店の中を
 うろうろしているだけでもそれは意味のあること・・・

もしかしたら、私が「依存症」と決めつけてしまっているだけなのかもしれない。
もしかしたら、私のほうが、執着しすぎているのかも知れない・・・。

そう思っていました。
わからなくなるんですよね。夫のこと、信じたいけど信じられない。
スロプロと依存症の違いって、紙一重・・・。
・・・でも、負けて借金が減らない!

堂々巡り・・・。
わたし・・・アホですね~~~~☆笑
世界のナベ○ツも驚きますね、きっと。



しかし、ネットを検索してみると、
同じ事で悩んでいる人がこんなに多いなんて。。。
そうして自分の心に確証が持てないまま、
でもうすうす「ギャンブル依存症」という事を
心におもいつつ、離婚カウンセリングを受けたのでした。。。






よかったら、クリックにご協力くださいね。
FC2 Blog Ranking
別居・依存症 Ranking

 


スポンサーサイト

別居解消への道 5

まぁ、いろいろ親との食い違いはありましたが
私はまず「離婚カウンセリング」に足を運びました。



小さな部屋にはいります

「こんにちは~☆」

あらぁ始めまして!
なに?あなたすごい明るいわね!
今までにこんな明るい人来たことないわ!



って言われましたよ。


興味津々だったことも手伝いましたが
やっぱり
「この人、結婚うまくいかなかったかわいそうな人」って
思われるのがいやだったというのもあります。
・・・要するに強がりなんですね。。泣


まず始めに原因を聞かれました。

「ギャンブル・・・借金の額はたいしたことないのですが
 やっぱり結婚してから止めてくれたことがなくて・・・」と
今までの経緯を説明しました。

夫はギャンブルで借金がある。
子供が生まれてもかえりみずギャンブルに行く。
風俗にもたまにいっているらしい。
車からパンストが出てきた。(夫はどうやら脚フェチらしい☆恥)

「それ、離婚よ、離婚!」


間髪入れずに言われました。

「でも・・・
 私はまだ離婚がほんとうの解決だとは思っていなくて。
 踏ん切りがつかないというのもありますが
 夫は“ギャンブル依存症”という病気かもしれないのです・・・」


カウンセラーはなんと言ったでしょう。


ふ~ん・・・
 そんな病気があるの?
 しらないなぁ~・・

 でも、借金があって、女の影があるっていうのは
 離婚ですね!
 あなたが離婚したくない、と言うのであれば
 公正証書をとるべき。
 もう二度と、こういうことはやりません。
 したら離婚に同意します、養育費も支払い、
 滞ったら給料差し押さえの強制執行に同意するという
 一文もそえた公正証書をつくりなさい!


と言われました。

そのとき思った正直な感想。

「離婚問題をあつかっているのに
 ギャンブル依存症という名前も聞いたことがない?
 お金のことが原因で別れるカップルも多いはずなのに
 どうして? ・・・これは・・・
 全て信頼してはいけないかも・・・」



☆今から思えば公正証書などをつくり、
 夫に「もうしません」と言わせてコントロール・・・
 共依存典型のパターンをアドバイスされたことになりますね



そして、いろいろ話をしたが
やはり夫と離婚というのが考えられなくて・・・
私が離婚に踏み込めないのは何か理由がある。という話になり・・・

「あなた、人生って、生きているって、
 今だけじゃないってわかってるわね?
 人には前世とか後世とか、つながっているの。
 あなたが彼とわかれられないその理由は
 どうやらそこにあるようね。
 きっと、彼とは前世から何かでつながっているのよ。
 生きていく上で大切なことは何か、お義母さんが
 彼に教えられなかったから
 あなたには、それを彼に教える使命があるのかも・・・」


ぽかーーーーーーん。

「オーラの泉の○原さんの様な人がいるから
 その人を紹介してもいいですよ。」

ぽかーーーーーーーーーーーーーーん。


あげく


「ま、うちには離婚に向けて全てを
 サポートするプランと修復するプランがあります。
 まずは安い離婚プランにに申し込んで、
 途中から修復プランに変更しても
 追加で料金はいただかないから。
 20万そこそこで、離婚の手続きふめるから、
 弁護士をやとうより安くていいとおもわない?
 考えてみておいてください!」

しくしく。

すごくしゃべりまくって最後時間が
なくなってきたということもありましたが

前世? 使命?

離婚プラン?



ま、最後のプランの話は商売だから仕方がないとして。
前世と来たら、もう太刀打ちできませんな。

あいても私にそう思ったのかも知れないけど。
「こいつは何を言っても離婚しないな・・・」と
思ったのかもしれません。


何とも言えない雰囲気で
カウンセリングを後にしました。


でもいいことも言ってもらいましたよ。
●その結婚は間違いではなかった。
 私が「親に、きちんと親孝行したい」と
 素直に思えたこと。
 それをきちんと両親に伝えたこと。
 
親孝行したいという気持ちはウソじゃありません。
でも母がその親孝行は“私の離婚”と考えているフシがあって
それでこういうややこしい感じになってしまいましたが・・・

●公正証書をきちんと作れば離婚する際に
 養育費不払い等の給料差しおさえがしやすくなるということ


離婚カウンセリングに行ってよかったです。
上記2項目と、それと
自分の気持ちがまた少し固まったような気がしました。

「このカウンセリングでの答えは
 自分に起こっていることから逃避することで
 本来の問題解決にはならない」

そう確信しました。

勉強しよう。
「ギャンブル依存症」について
勉強しよう。

そう決意しました。



余談☆カウンセリング途中、私は
   運ばれてきたお茶を脚の上にこぼされてしまいました。
   相手のカウンセリングの人は大あわてでしたが
   ちょっとおもしろいハプニングでした。
   きっとこういうこと、今までになかっただろうな~笑




よかったら、クリックにご協力くださいね。
FC2 Blog Ranking
別居・依存症 Ranking

 

別居解消への道 4

別居して。


原因は私の対応のまずさもあったのではないか。
そう思い始めてはいたものの、
何からどうすればよいのかわからずにいました。

母は

「早く離婚に向けて動きなさい」

と言いました。

私は本当に今は何も考えられないから
そっとしておいて欲しいと何度も伝えました。

母はわかった、といいながら次の日には
遠回しに「離婚することがあなたの幸せ」「早く離婚の決断を」
言ってきます。
まるで、洗脳です・・・。


私は・・・
もしも、離婚になった場合、どんな手続きを踏んで離婚に至るのか
全く知りませんでした。

インターネットで、図書館で。
いろいろな情報を入手しました。

図書館で「それでもやり直したい二人のためのマニュアル」という
タイトルの本に出会いました。
原因が借金の場合・・・離婚に至る危険度合いが高い、ということが書いてありました。
その本の最後にホームページが書いてありました。

離婚カウンセリング・・・

そうか、テレビドラマなどでこういうのがあったっけ。
いちど相談してみてもいいかもしれない、と
そう思いました。
ホームページなどで紹介されていた著者は、テレビなどでも活躍していると
書かれてありました。
私の住んでいるトコロにも出張所があると知りました。


インターネットって便利ですね。
そうやって離婚に関しての情報を集める中で
ギャンブルが原因で離婚や別居に至っている人が
多いことも知りました。

その中でたびたび目にする「ギャンブル依存症」という文字。

私は「ギャンブル依存症」という言葉自体はかなり前から知っていました。
しかし、自分の夫がまさにギャンブル依存症だということを
まだ認めていませんでした。
依存症かどうかのセルフチェックが出来るホームページがあることは新聞記事で知りました。チェックすると、夫に当てはまる部分が多くあります。
夫に言ってみると「ばかばかしい」と相手にしてくれないので、今の今まで放置プレーだったわけです。
そのころ真剣にギャンブル依存症について勉強を始めていたら今頃こんなことになっていなかったかも。そう思いました。


けれども、今、わたしの前には「離婚問題」が浮上し
それをどうしていくか決定をしていかなければなりません。
心をゆっくり落ち着かせると同時にやらなければならないことは山積みでした。

依存症の事も頭に置きながら、
現状のアドバイスをもらいたい。
そう考えるようになりました。


案ずるより産むが易し。


離婚カウンセリングに一度電話をしてみました。
「私たちは、すぐに離婚をすすめません。
 あなたが離婚かどうか迷っているのなら、離婚が絶対に正しいとはいいきれない。
 その状態を一緒に分析し、今度どうすることがいいのかを、一緒に考えようというものです。
 一度話をしにこられてはいかがですか?」

と言ってもらいました。
少し気が軽くなりました。1回のカウンセリング料金は15000円くらいなので一度うけようと思いました。


母に、「私、自分自身の心と向き合うためにも、一度、離婚カウンセリングというものをうけようと思う」と伝えました。
母の顔が明るくなりました。


その後、私がいないところで母が父に言っていたのを聞き逃しませんでした。
「あのこ、やっと離婚する決心がついたようだ。
 離婚カウンセリングに離婚をどうやってすすめたらいいのか
 相談に行くと言っていた。」



・・・すごい思いこみ・・・よくそこまで自分にいいように解釈できるもんだなぁ。




よかったら、クリックにご協力くださいね。
FC2 Blog Ranking
別居・依存症 Ranking

 

別居解消への道 3

別居して一週間・・・



寂しさのピークにいました。
夫の元に帰りたい・・・。



私は・・・
全てを夫のギャンブルのせいにしているのではないか。


別居が決まって別居を開始する日、
私はお世話になっている会社の社長に相談がてら
飲みに連れて行ってもらいました。


久しぶりに手ぶらで街に出て行きました。
爽快でした。
コートのポケットに携帯と財布、ハンカチと口紅。
手ぶらで街に出たのは何年ぶりだろう。
そんなことを考えていました。


少し早めに街をうろうろ。
なんだかとても心が躍りました。


百貨店のケーキ売り場に行くと
たくさんの人がケーキを選んでいます。

かわいらしいカップルや
ステキな熟年カップル。
母娘、OLさん・・・
この人はお父さん?


そのとき、ハッと思いました。


私・・・
もっと自由に生きれば良かったのでは。
と。

辛党の夫と一緒にたべられないから
買わなかったケーキも
たまには自分一人が楽しむために買えば良かったんじゃない?

ケーキ屋さんの前でそう思って・・・
自分の今までを振り返りました。


夫のギャンブルを監視しようと
一緒に嫌々スロット屋に行っていた私。
そんなにイヤなら別行動をして
大好きなお寺や植物園、雑貨屋さんやカフェ、
友達と遊んだりウィンドウショッピングしたり
すればよかったんじゃない?私。


手ぶらに街に出る。
子どもも少し実家に甘えて3時間くらい
一人でぶらっとしてもよかったんじゃない?私。


なぁにやってたんだろ。


とても大切なことに気づいた気がしました。

私、夫のせいばかりにしていたのでは?
私がこうやってストレス解消していれば、
ここまで大変なことにならなくて良かったのでは?


その思いは確信に近いものがありました。


そのときは「共依存」という言葉すら知らないとき。
今から思えば共依存にはまっていた私に気づいた瞬間だった様な気がします。



私はその夜社長とうんと飲みまして、
最初、この問題の相談をしましたが
社長の見解は
「あんた、4年もがんばったんだ。
 まだがんばれる。
 子どものために別れない方がいいと思うよ。
 僕は社長という立場から、
 採用決定をする場合が多い。
 そのとき、片親の環境で育った子は
 独特のおんなじ雰囲気がある。
 逆境に弱いというか
 少しのことでキレやすいというか・・・
 すべてがそうではないけれどね。
 やっぱりどんな親でも
 揃っていた方がいいと思う。

 しかし・・・
 僕だったら別れるかも・・笑
 あんたのキャリアでその結婚は、もったいなかったかもね。ぎゃはは☆
 しかし、離婚はいつでも出来る。
 本当にどうするべきなのかはじっくり時間をかけるべきだから、
 あんたが納得できるまでかんがえてみるといい!」

って言ってもらいました。

(ご両親が離婚、または死別などで
片親の環境で育った方がこの台詞を見ると
ご立腹・・されるかもわかりません。
けれど、これは一つの意見ですので
どうぞご了承くださいね・・)


ゆっくりかんがえればいい。
このとき、私の周りで
離婚を反対したのは社長だけでした。

私はこの社長とはもう16年ほどの
おつきあいになります。
お互いにそう思っているとは思いますが
「馬が合う」「肌が合う」「そりが合う」
そんな感じでしょうか。
本当に絶大な信頼があるのです。
その社長が「離婚はおすすめできない」と
いっているのです。


心が大半決まりました。
今回は離婚をしない方向で解決したい。


そして、私の怒濤の勉強が始まります。

離婚カウンセリングの話・・・
出来ませんでした!次回こそ・・・!笑

よかったら、クリックにご協力くださいね。
FC2 Blog Ranking
別居・依存症 Ranking

 


別居解消への道 2

実母に
「私の思い通りになった」
と言われた私。

思い通りに?
他人なのに・・・
自分の思い通りに私を・・?

そして昔を思い出した。

私はむかしから母と折り合いが悪く、
何かと自分の思うように生きていかない私に
泣いたり怒ったり。
それを見て、私は母の思うように
生きてあげることができないと感じていた。


みんなは母親が望むように生きているのだろうか。
それが「親孝行」という生き方なのか。


今から思うと、
他人のために「生きてあげる」なんて
すごく共依存精神!


そして私はそんな思いがすごくあって
母とケンカしたときに
「私とあなた(母)は他人だ!」
ときっぱりと言いはなったことがあった。

母は泣いた。

「あなたは私のオナカから出てきた子。
 あなたの気持ちは全部わかるし
 他人じゃない。親子なんだ。」

気持ちが全部わかる?

じゃあ、怪我をしたときのその痛みを
痛いと感じますか?
その痛みを想像して痛いだろうなぁと
思うことは出来ても、
実際に怪我をした瞬間に「痛い!」と
感じながら同時に声を上げることは出来ないはず。

男の趣味も違うくせに!

でも。上手に説明できなかった。

それを、その当時つきあっていた彼氏に言うと、
「そりゃ、nickeyちゃんが悪いな。
 “他人”じゃなくて“別人”って言わないと
 通じないだろうな、ね?」
って言われました。

納得・・・
その彼は、今から思うと
モラハラ系だったように思いますが・・・・いや、DV系かな・・笑


まぁ、今でも言われます。


「あなた(私)に母の気持ちはわからない」

って。



大笑いです。
私は現に母になっています。
母の気持ちは大いにわかりますよ。
だって、娘の母なのですから!

でもね、母個人の気持ちは、永遠にわからないのです。
それはとうぜんのことなのです。

だって!!!

他人(別人)なのですから!

そして、私も同様で
娘の本当の気持ちなんて、
心底わかってあげられるわけがない。
共感は大いにしてあげられるとは思いますが。


今、私、そのことに気づいて良かったと
心底思います。




だからというわけでもありませんが・・・
私は母の日になにかプレゼントすることは
自分の人生哲学に反します。

人から言われて何かする、という事に
偽善を感じます。
言うなれば、毎日が母の日。そして父の日。
思い立ったときに父に、母に、感謝の印を
おくればいい、と
そう思ってます。

素直じゃないのかな、私??


さて、そんな別居人生を送っていた最初の頃。
私は「離婚カウンセリング」をうけることになります。

その話は又次回!



よかったら、クリックにご協力くださいね。
FC2 Blog Ranking
別居・依存症 Ranking

 





別居解消への道 1

夫が私と娘より
スロットを大切に思っている。

そういう思いが日に日に強くなっていき、
些細なことがきっかけで、大げんかとなり
私は別居をしました。


実家にプチ引っ越しをするとき、
私は手伝ってくれた両親の前で
泣きました。

「本当にこれでいいのだろうか」

父も母も、
「当たり前じゃないか。
 それでいいんだ。」

と間髪入れずに答えました。

しかし、私は実家に足を踏み入れたとき
心で、身体で本当に強く感じました。


ここ(実家)は私のいるべき場所じゃない・・・



離婚を考えている。


そう両親に伝えたものの、
夫の前で両親に電話して、
あてつけのように「離婚」という言葉を
発してしまった自分に気づいていました。

そして、

引くに引けなくなってしまった自分がいることを。



そうして別居に至ったのですが、
両親はたいそう喜びました。
というか、私にはそう見えました。

私の心配をしながら
これで、跡継ぎの心配がなくなったと
おもっているのだろうなぁ、と。

「私の思い通りになった。」

母にそう言われましたから・・・。

私には妹がいます。
女兄弟ということと、
父が次男ですが叔父(父の兄)はアメリカ在住なので
墓をみるのは父なのです。

婿養子をとれ、とは教育されませんでしたが
本音はそうだったんだ、と思いました。
私が子どもを産み、そして離婚すれば
私たちの介護も、墓も、みてくれる。

そう思っていたのか?
と、母のその一言で、そう思いました。


それから、私は少しずつネットで
相談をしてみたり、
いろいろな情報を調べたりしながら
泣き暮らしていました。


そんな私をみて、
父も母も説得にかかります。

その内容は、様々でしたが
私には


早く離婚を!
早く決断を!


と言われてるようにしか聞こえませんでした。

私はゆっくり自分のペースで
自分の問題を受け止める時間が欲しかった。


もうちょっと考えさせて欲しい。


そう言うと、


ずるずるしてたら
離婚できなくなる!


と、言われてしまいました。




・・・・・



何かが違う。




それから私は両親と・・・
いえ、母と話がしにくくなりました。
嫌悪感。

忘れていた。

母とはつねにこういう感じで・・
うまく言えないけれど、
なんだかむかしから
仲良くなれない。


でも、なぜなんだろう。


そんな疑問ももちあがりました。


そして、私はいろいろな勉強をはじめることになるのです。





よかったら、クリックにご協力くださいね。
FC2 Blog Ranking
別居・依存症 Ranking

 



Extra

訪問ありがとう

あなたは・・・
人目のお客様です☆

私ってこんな人

n

Author:n
書き始めた頃30代後半でした。
現在40代前半になっています。
娘一人。
夫と5ヶ月の別居を経て現在同居中。
夫と出会い、結婚してから
ギャンブルに「はまる」とは
どういう事かが解りました☆
 

最近の記録

あんな事言ってたっけ?

最近のトラックバック

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

友達になってください

この人とブロともになる

お友達です♪

A's room
  by "A"
キボウノヒカリ
  by "hikaripika"
笑顔に向かって・・・
  by "のん"
スロット依存症からの離脱 2013年230万返済へ ~ slots addiction ~
  by "aptw"
30代ママの自分磨き
  by "kagami"